実りの大地【北海道ハタケ仕事3】

20140927-015

08:53
新千歳空港到着。まだ9時前だというのに、既に北の大地に降り立っているという事実に驚く。

普通だったら、「よーし、これからたっぷり遊ぶぞォォォ」と張り切るものだが、僕らはあくまでも農作業がメイン。昼からは農作業なので、それより前にひっそりと遊ぶことになる。なので、遊べてもせいぜい2時間とかその程度。実はこの時間にして早くもせわしない。

天井から、とても大きな「札幌国際芸術祭2014」のポスターがつり下げられていた。

ハタケ仕事の仲間でも、このイベントを見に行く!という人がいた。なので、その人は恐らく既に北海道入りしているはずだが、僕らのように支笏湖ドライブには参加せずに札幌に向かっているはず。

新千歳から札幌までともなれば、往復で2時間弱かかる距離。この人も、かなりせわしない。

新千歳空港レンタカーカウンター

09:01
空港1階のレンタカーカウンターに向かう。

今回は、5月に利用したオリックスレンタカーを使うことにした。5月にオリックスレンタカーを使った時は、ナビが全く無口だったために慣れない土地に翻弄されまくった。曲がるべき交差点を素通りしてしまったり、ルートに復帰する際に裏道をグネグネ走らされたり。

同乗者一同、「もうオリックスはやめたほうがいいよ」と口を揃えたので、7月はタイムズに切り替えたのだった。ナビの設定の問題だけなのに、レンタカー会社への熱い風評被害を受けたことになる。

で、7月はタイムズだったのだが、「地図上では空港からもっとも近そうに見える場所に営業所があるのだけど、実は道路の都合上かなり大回りする立地のため、遠い」だったし、ガソリン満タン返しが原則で、レンタカー会社が給油まで請け負ってくれないのが面倒だった。というわけで、今回9月はまたオリックスに返り咲きとなったのだった。

受付を済ませる

09:05
カウンターで、整理番号と営業所での受付場所の案内を貰った。どうやら、通常のカウンターではなく、「特別ご契約カウンター」なる場所で受付をすることになるらしい。なんだなんだ、一体何が始まるんだ?VIP待遇ということなのか?

確かにレンタカーの手配は、法人ルートで行った。しかし、そうすることで「他の人より割引」になるのであって、むしろ「すいませんすいません」と頭を下げつつ、カウンターの隅っこで受付をするべき存在だ。なんだか悪いなー。でも受付が早く済むなら、それはそれで嬉しい。

とはいえ、実際はこのVIP(?)カウンターに受付待ちの人が長蛇の列を作っていたら、びっくりだけど。
送迎バスで移動

09:15
オリックスレンタカーを選んだのは、単純に「たくさんあるレンタカー営業所のうち、ハタケにより近い場所にある」ということがある。あと、大きな営業所を構えているので、バスの送迎頻度が高い「かもしれない」し、営業所での貸し借りの受付が早い「かもしれない」からだ。

今日は12:30集合ということになっているので、それまでにそそくさと支笏湖観光を済ませないといけない。なので車を借りるのは早いにこしたことがない。

明日はハタケ仕事終了後、素早く空港に参加者を送り届けないと、「お土産が買えなかった」「飛行機に乗り遅れた」ということが起きかねない。なので、車を返すのに早いにこしたことはない。

大手ならではの安心感、というやつだ。

もっとも、大手といえばオリックスのお隣さんにはトヨタレンタカーやニッポンレンタカーの営業所もある。しかしこっちは僕の手配ルートでは割引対象になっていないので、除外だ。

オリックスレンタカーのカウンター

09:19
というわけで、オリックスレンタカーの営業所到着。

ほら、これだもんなー、やたらと広いカウンター。そして何人ものスタッフさんが同時にお客さんをさばいている。町中にあるレンタカー営業所が、プレハブの建物で運営されているのとは雲泥の差だ。

そりゃそうだ、空港から送迎バスで一度にどかっとお客さんがやってくるんだ、チンタラしていたらお客さんがイライラしちゃう。

バスに乗っていたお客さんが建物内に入るやいなや、カウンターで待ち構えていたスタッフさんが「●番のお客様~」とすぐに声をかける。間髪入れずに、だ。さすがだ。

特別なカウンター

09:20
一方僕はというと、案内通り別のカウンターで手続きを行うことになった。VIPカウンター・・・というほどではないな。単に場所が違うだけ。他の人と同じカウンターで処理してもいいような気がするけど、何か深い意味があるのかもしれない。

このカウンターで事務処理をするのは僕一人だけだった。周りのお客さんから「何この人?」って不思議そうな顔をされるし、僕自身「何かやましいことしたっけ?前回5月に車を借りたとき、車体に傷がついていたんですけど!とか怒られたりするのかな?」と不安になってしまった。やーいチキン野郎。

ガソリンはリッター160円

もちろん説教されたり法外な契約書にサインさせられるような事もなく、受付終了。

他の人のように待ち時間なくすぐに終わったので楽だった。

ふと見ると、ガソリンの価格が掲示されていた。レギュラーだとリッター160円だそうだ。北海道高いなぁ。もちろん、オリックスレンタカーでの給油代行手数料込みなので、高くて当然なのだけど。

このレンタカー屋さんの場合、自分で給油しなくていいですよ!こっちでやりますから!というスタンスなので楽でいい。この界隈で給油をしようとすると、いったん空港近くのガソリンスタンドまで行かないといけない。随分時間のロスだ。

この日借りたミニバン

09:34
車を借り受け、空港に舞い戻ってきた。ここで仲間と合流し、一路支笏湖だ。

支笏湖ツアーは7名からなる大所帯なので、ミニバンを初めてレンタルしてみた。デカいし、重たいのでハンドルさばきやブレーキ操作の習熟にやや時間がかかった。なにしろ人間が7名だ、一人平均60キロとして・・・あ、いや、女性ばっかりなのでそんな数値だったら怒られるな、えーと、50キロだとして・・・合計350キロだ。これだけの人間が乗っている時と乗っていない時とでは、車の挙動が全然違う。

7名ともなれば、レンタカー代金の割り勘は随分安くなるでしょう?と思うかもしれないが、案外そうでもないモンだ。なぜなら、1,300ccとか1,500ccのセダンやハッチバックでも5名は乗ることができるからだ。で、ミニバンにするとレンタル代金は一気に2倍くらいに跳ね上がってしまうので、それを考えるとむしろ大所帯は割り勘損するということになる。せいぜい、ガソリン代が安くて済むくらいか。



タイトルとURLをコピーしました