栄枯盛衰を温泉地で見た【鬼怒川温泉】

この記事は約3分で読めます。

浅草駅ホーム

改札を通過し、ホームに出る。こういうくし型ホームってワクワクするよな。線路が行き止まりになっているヤツ。東京界隈では池袋駅、新宿駅、渋谷駅、五反田駅、上野駅などいくつもこの手のホームはあるけど、やっぱり「遠方にこれから旅立ちます感」が強いのは浅草だと思う。

浅草駅は運行種別ごとにホームが分かれていて、特急は3番線と4番線に停車する。僕がこれから乗る列車は、既に3番線に停車していた。

コンパートメント

09:42
スペーシアきぬの最後尾、6号車はコンパートメントになっている。いわゆる個室だ。窓の外から中が見えるが、四人がけで一部屋なのでなんとも贅沢だ。一室につき3,090円(平日)の追加料金となるので、ゆったりと過ごしたい人は是非どうぞ。

そういえば昔、けしからんビデオでこのコンパートメントを使った作品があったな。通学途中(?)っぽい女子校生がコンパートメントに座っていて、後からおっさんが「お隣いいですか?」と相席して、その後は・・・という内容だったと思う。コンパートメントで相席って何だよ、どういう座席指定の仕方してんだよと思うが、まあそういうのは言いっこなしで。

コンパートメント入口

そんなコンパートメント、実際に中に入ってみようと思う。ひょっとしたら昔見たビデオのように女子校生が・・・やめろやめろ、妄想にもほどがある。

さすがに立ち入り禁止

ありゃ。

コンパートメント入口の自動ドアに、こんなプレートが貼ってあった。

個室券をお持ちでないお客様は御遠慮ください

ま、そりゃそうかー。

コンパートメント廊下

くやしいので、自動ドアのガラス越しに廊下だけ撮影してみる。

寝台列車のようだ。

以上憂さ晴らし終了。

ホームと列車の間が空いてる

あらためてホームに戻り、自分の座席がある車両を目指す。

浅草駅は「なんでこんなところに駅を作った?」というほど、ぐいーんとホームが曲がっている。駅を出てすぐに直角に近いカーブが待ち構えているからだ。ホームの時点で曲がり始めていないと、到底曲がりきれない。

そんなわけで、ホームと車両の間にはぱっくりと広い溝ができていて、注意が必要だ。うっかりすると、足を踏み外す。

ホームと列車の隙間に落ちる人なんてそうそういないだろう?と思うかもしれないが、実際僕の知人でこの溝にはまった人を知っている。しかも女性。

さらに空いてる

先頭車両まで様子を見に行ったら、ますます隙間が広かった。このままではさすがに危険なので、ホームと列車の出入り口との間にタラップを渡してあった。ジャンプして飛び乗れ!というわけにはさすがにいかないから。それにしても大胆な駅だ。21世紀の今でもこういうのが現役なんだから。

伊勢崎方面の特急

こちらはスペーシアのオレンジ色とは異なる、赤色の特急。「りょうもう」だ。

客席

09:46
じらすだけじらす、それが「始発駅旅情」。

東海道新幹線東京駅の場合、ほとんどこれができない。列車が入線して乗車したと思ったらすぐに出発だ。間髪入れずに出発させないと、過密ダイヤがさばけないからだ。その点スペーシアは安心。存分に外観を楽しんで、車内に乗り込んでもまだ時間に余裕がある。

タイトルとURLをコピーしました