栄枯盛衰を温泉地で見た【鬼怒川温泉】

客席

スペーシアの座席。ヘッドレスト部分の両脇がかなりそそり立っている。是非居眠りしてください、その際頭が右に転がっても左に転がってもご安心ください、というわけだ。

そうはいくか、まだ寝ないぞ?

テーブル

別に喉が渇いているわけではないけど、折角なのでドリンクを。

なぜかメッツコーラを買う。

おっと、「るるぶFREE」があるぞ。最近、この手のご当地観光フリーペーパーがあちこちにあるのでありがたい。編集者の思惑通りになってしまうが、観光ガイド本がわりとして重宝する。今回の一泊二日はノーアイディアなので、これを参考に行き先を決めよう。

追加テーブル

おや、テーブルの手前にさらにテーブル。

壁に備えつけのものとは別に、椅子のアームレストから引っ張り出すタイプのテーブルがあるのだな。便利。これなら、向かい合わせの4人席にして、トランプをやることだって余裕だ。昔の新幹線ってこういうテーブルがあったけど、今はなくなったなぁ。

車内販売

車内販売のフードメニューがあった。

酒飲みにはたまらないだろう。今の僕はもう酒を飲まないので、正直そそられないけど、酒を飲んでいた頃なら「折角だから!旅情だから!」と頼んでいたと思う。何しろ、生ビールまで売っているのだから。

食事類はお弁当があるほか、フライドポテトや焼きおにぎりといった「ははーん、さては冷凍食品だな?」というものまである。そうか、最近の特急列車っちゅーもんは電子レンジも搭載しているのだな。

デッキ

今思えば、車内販売をやっている3号車のカウンターまで探検にいけばよかった。でもすっかりそのことは忘れていて・・・

トイレ

トイレの写真なんぞを撮影している。何をやってるんだ、一体。

こんなんで達成感を覚えているんじゃねーよ。

スカイツリー

10:01
さんざん旅情を楽しんだのち、ようやく特急スペーシアは一路鬼怒川温泉へ。

列車が出てすぐにスカイツリーが見えてきた。毎日見ているので見飽きているのだが、車窓からだと「おおッ!スカイツリーッッ!」と得した気分になる。で、撮影。何の記念にもならないけど。

落ち着く

10:46
すべてのことをやり終えて、ほっと一安心してくつろいでいるところ。

鬼怒川温泉駅到着

12:01
きっちり2時間で鬼怒川温泉駅に到着。チェックインまでまだ3時間もある。この時間こそが贅沢のきわみ。さあ、のんびり過ごそう。

タイトルとURLをコピーしました