温泉に浸かってブルブル【中ノ沢温泉】(その17)

15:17
飯盛山にやってきた。会津若松駅からほぼ東にある山だ。

山の麓に、無料の市営駐車場があるのでありがたい。

飯盛山に向かう途中の自販機。

なにやら劇画タッチで、白虎隊(だと思う、多分)が描かれている。

ちょっと怖い。

「夜、ここに描かれている人数を数えてみると、昼間と数があわない」

みたいなオカルト話がありそうな、そんな雰囲気。

ゆるやかな石段の両脇に、飲食店やお土産物屋さんが並ぶ。

こうやって油断をさせておいて、奥の方ではいきなり坂がきつくなる。

しかし、階段脇にはスロープコンベアというものが設置されていて、楽をして登ることができる。

売店で売られているのはとてもレトロなものだ。売店自体がレトロだし。

「絶対、木刀を売っているぞ」

と思ったら、案の定店頭で売られていた。

この木刀、観光地で今でも時々みかけるけど、一体何に使うんだ?武器だろ、これ。人を殴り殺せるぞ。

剣道体験者は、「いや、重たい木刀を素振りしていたら良い鍛錬になるんだ」と熱く木刀の良さを語るけど、それならば別に観光地で買う必要はあるまい?

お城とか歴史ロマンに触れていると、自分も刀を振り回したくなる人が一定数いるのだろうか。でもそれだったら、竹光でいいよな。

白虎隊記念館、という施設があったけど、華麗にスルー。

おっと。当たり前といえば当たり前だけど、スロープコンベアは有料か。料金所が待ち構えていた。

大人250円。

修学旅行生は100円、という料金設定がある。えーと、僕らも修学旅行生です!

ダメっすか。そうすか。

「スロープ」「コンベア」の名前のとおり、ベルトコンベアが斜めに設置されている。大型ショッピング施設で、「カートごと上の階に行けます」みたいなやつ。

15:26
山の上には白虎隊の墓地。19名の墓が並ぶ。

唐突に、飯盛山の十九士墓の近くには「イタリア記念碑」がある。

いきなりにもほどがある、と思ったら、イタリアのムッソリーニが白虎隊の話を聞いて感銘して寄贈したのだとう。この柱は、ヴェスビオ火山の噴火で埋もれた町・ポンペイから発掘された古代ローマの石柱だというから、かなり本格的だ。一体、どういう文脈でムッソリーニに白虎隊のことが伝わったのだろうか?

そしてそのすぐ近くには、「ドイツ記念碑」まである。これはドイツ大使館の人が寄贈したというから、どれだけ白虎隊は外国の人に愛されているんだ、とびっくりさせられる。

ただし、このドイツ記念碑、ナチスドイツの印が入っていたということで、ああ、日独伊三国同盟の頃の話なのか、ということがわかる。だとしても、どうして戊辰戦争の話が伝わったのだろう?

(つづく)