まるでお寺!神秘的な宿に泊まる【新鹿沢温泉】

中之条の道を走る。この辺りは山の中かと思いきや、案外開けている。

目指すは、「花の駅美野原」という場所。「中之条ガーデンズ」とも呼ばれているらしい。

この界隈を車で走っていると、電柱の広告でよく名前を見かける。なので、存在だけは知っていたのだけど、いつもスルーしていた。

今回、中之条に立ち寄ったのを幸いに、初訪問してみることにした。

14:20
中之条ガーデンズ。

12万平米もの広さがあって、園内には数百種類もの花が植えられているという。それだけあって、門構えも立派。

入園料は・・・あれ、無料なんだ?

どうやってこの施設を維持しているのか、謎だ。花が勝手に自生しているわけではないだろうから、相当手間がかかっている筈なのに。

実際その通りで、広い敷地内はよく整備されている。

週末だけど、客はほとんど見かけない。がらん、としている。

温室の中はハーブ園になっていた。

「ハーブ園に入るには、入場料300円をいただきます」

みたいに、施設ごとにお金がチャリンチャリンとかかるのかな?と思ったが、ここも無料。大丈夫か、おい。

ここで育てられている花とかハーブは、摘んで出荷しているから大丈夫大丈夫、ということなのかもしれない。

いろいろな植物が植えられているけど、まったく名前が覚えられない。

キャットニップ?

人生初めて聞いた名前だ。そしてすぐに忘れる。

もう7月だけど、中之条ではアジサイがまだきれいに咲いていた。

なぜか空を見上げている僕だけど、特に意味はない。見上げたところで、見えるのは曇り空だ。

敷地の奥の方には、日本武道館みたいな建物があった。「花みどり館」という。

孔子廟?と思ったけど、ここはイベントに利用できる小さなホールだった。

レンタルするとなるとさぞやお高いんでしょう?と思ったら、1日3,000円。おい、安すぎないかそれは?

福寿館、という施設があった。レストラン兼売店兼、漢方薬局。

漢方薬局?

あ、本当だ。漢方薬局があった。この園内で採れた薬草を使っているのだろうか?

こういうところで、じっくり自分の体調とか気の流れを相談して、最適な漢方を処方してもらうと良いのかもしれない。最近じゃ、ちょっと風邪をひきました、くらいで医者はバンバンツムラの漢方薬を処方しているけど、あれって本当に効果があるのか随分怪しい。そんなに簡単に漢方薬って処方していいものなのだろうか?

(つづく)