お手軽だけど、秘境【徳島・剣山】

下山開始

12:49
下山開始。山小屋滞在時間はだいたい10分といったところか。

兄貴が下界で待っている、ということもあるけれど、山小屋滞在時間はかなり短かった。

やっぱね、ノンアルコールビールだと間が持たないんだわ。たぶん、ビールならば、一気に飲み干さない限りは350ml缶1本でそれなりの時間、粘ることができると思う。

しかし、ノンアルコールビールの場合、ちんたら飲んでいたらどんどん味が落ちる。元々大して美味しくないものなので、気が抜けてぬるくなると、もう。

というわけで、「建物の中に入る⇒ノンアルコールビールを買う⇒飲む⇒出る」までで10分。早いったらないな。

これを書いていて、だったら水でいいじゃん、という気がしてきた。

分岐

12:50
大剣神社と刀掛けの松との分岐にやってきた。

往路は右側の道を登ってきたけど、今度は左側だ。大剣神社経由はやや大回りになるルートだけど、折角だから大回りしてみる。大したロスタイムにならないし。

山頂を見上げる

12:51
分岐を過ぎてから見上げてみると、そこには雲海荘と、山頂方面がぼんやりと見えた。

あー。たぶん、天気が良ければ相当眺めが良い山なんだろうな。登山をしながら、「ほら、あそこに山頂が見えるよ!」と思いながら登れたらいいよな。

お盆の時期だというのに、こんなに天気が悪いとはまったくの予想外だった。

雨は本降りにならずに済んだので、雨よけのウェアは早々に脱いだけど。

下山道

12:56
広葉樹と笹が混在する林の中を、歩いておりていく。

往路のルートほどではないけれど、こちらも歩きやすい道。

笹

12:57
また笹林。

それにしてもガスが濃いなあ・・・。

岩が見える

12:59
前方に、突然奇妙な岩が出現した。

昔の人なら、絶対にほっとけないデザインだ。何か意味を見いだそうとしてもおかしくない。

ははーん、さてはあの岩の下に「大剣神社」があるな?さては。

大剣神社

13:00
ビンゴ。大剣神社があった。

単なるほこらではなく、かといって立派な社殿があるというほどでもなく、という建物。

神主さんが常駐しているそうだ。なるほど、本殿両脇に山小屋風の建物がある。

大剣神社

大剣神社の柱には、

「天地一切の悪縁を断ち、現世最高の良縁を結ぶ」

と力強いお言葉が記されてあった。

ということは、ここでお祈りをすれば・・・縁結びの神様?

ああそうか、「剣」で悪縁をビシイイイッ!と切り裂いてくれるのか。
でもちょっと待ってほしい、良縁も切り裂かれてしまわないか?そこは神様がイイカンジに見極めてくれるのか?

せっかくだからお願いしなくちゃ。

この近くには、日本百名水にも選ばれている「剣山御神水」が湧いているのだという。気付かないで素通りしてしまった。

ダメじゃん、良縁に恵まれてないじゃん。

(つづく)

タイトルとURLをコピーしました