胃袋至上主義宣言

わからなかったらとことんまで食べてやれ。

食べ物に関するあれやこれ、思いついたことを実験してみたり書き連ねたりしているコーナー。「なんだ?」と思えば試してみるし、「おっ、これは」と思えば突撃。そんなおかでんの食い様を描いた、ドキュメンタリーな文章群。

肉食人種行動観察会

「肉よりも魚、野菜中心の食生活にしよう」・・・という無言のプレッシャーが日に日に強くなっている昨今。それでも、肉を見たとき、焼いたとき、食べた時に感じるエナジーというのは他の食材とは比べ物にならない。

肉を食らうこと、それはすなわちテンションが上がること。その気持ちに素直になれ。日ごろの思いを解き放て。あえて我ら、肉食人種たらんことを願う。バーベキューを中心とした、肉食人種のうたげを追う。

舎人公園BBQオフ2013

会社サークル新木場

台湾を愛する会舎人公園

森のビアガーデン

CAFE;HAUS

シュラスコオフ

舎人公園BBQオフ2014

芋煮会2014

芋煮会2015

舎人公園BBQオフ2016

海鮮地獄鍋大会

カレー日本一を俺たちが決めてやる

神田、神保町エリアはカレー屋がかなり多い。そんな激戦区で、毎年一回カレー屋の一番を決めちゃろうというイベントがある。それが「神田カレーグランプリ」。激戦区で、さらにNo.1を決めようというのだから美味のオンパレードは約束されたようなものだ。早速現地にてカレーをあれこれ食べてみることにした。

神田カレーグランプリ2013

神田カレーグランプリ2014

短期集中食べ歩きマニアックス

ちょっと食べたくらいで知った気になるのはなんだかかっこわるい。食べるならば、ガガガッと短い期間にまとめて食べ歩き、その料理について知ったかぶりをしたい。・・・そんな思惑から始まった、「短期集中食べ歩きマニアックス」。

対象となるテーマを変えつつ、食べ歩いた記録をここに残す。

激辛麻婆豆腐十番勝負

激辛カレー十番勝負

東京唐揚げ食べ歩き

牡蠣づくし2014

新宿タイ料理5選

ファラフェルという名の未知数

ナポリピッツァ五番勝負

謎の洋食五番勝負

2013年かき氷食べ歩き

東京「かき氷」散歩。

「一番辛くしてください。」激辛グルメ祭りの、熱すぎた日々

微糖」と記されたコーヒーは信用ならない。飲んでみて、「やっぱり甘いじゃないか」って事案多発。同様に、「ピリ辛」「激辛」もそう。この世の中、ぬるすぎる。たるんどる。

そんなやわらかなご時世に突如現れた「激辛グルメ祭り」。辛さ自慢の店が9店舗、軒を連ねて来場者を苦しめるという。そういうのを待ってたんだよ、待ち望んでいたんだよ。

ぜひ、このお祭りを満喫しようとおかでんは一人立ち上がった。

激辛グルメ祭り2013

激辛グルメ祭り2014

激辛グルメ祭り2015

ガーリックパラダイス2015

激辛グルメ祭り2016

ラーメン二郎遍路~即身成豚への道

夏の太陽は人を狂わせる。いくら好きなラーメンだからって、全店舗を巡るこたぁないじゃないか・・・。記録的猛暑の2010年夏、一人の異端者が熱いラーメンを求めて首都圏に出没。直系35店舗のラーメン二郎+亜流店8店舗を3カ月かけて食べ歩いた記録をここにとどめる。

もし食べ歩きがたたって体調が悪くなったら、この記事をそのまま医者に提出すれば良いレベルの無茶。

その1:発心の6月

その2:修行の7月

その3:菩提の8月(1)

その4:菩提の8月(2)

その5:涅槃の9月(1)

その6:涅槃の9月(2)

広島焼きではない。これこそがお好み焼きだ。

なんだか急に広島のお好み焼きに目覚めてしまったのである。しかも、猛烈に。

お店の食べ歩きから始まって、オタフクソースでの開業支援研修まで受け始めるありさま。そうなると、食べるだけじゃなくて作らないと気が済まなくなってきた。

さあ、ホットプレートで焼きまくろうじゃないか。広島のお好み焼きはやや特殊な製造法。上手に作ることができるか、試行錯誤の記録。

まずはおままごと程度に

なんとなく、それっぽく。

つまみも、作ってみた。

すじコンを作ってみる

だし汁の威力

全国よ、オレ様に朝貢せよ

キリンビールがビールシーズン時の売り上げ増大を狙って行っているキャンペーン、「選ぼうニッポンのうまい!2007」。全国47都道府県の名産食品をプレゼントとし、ビール類についている応募シール6枚で1口の応募ができる。

「選ぼう」だぁ?馬鹿言うな、全部よこせ。全国の名産品はオレ様が独り占めする。期間中(2007年07月11日~09月28日)に47都道府県全ての名産品に対して応募して、このオレ様が日本全国を食べ尽くしてやる。いいな、覚悟しとけよ。

第1週目

第2週目

第3週目

第4週目

第5週目

第6週目

第7週目

第8週目

第9週目

第10週目

そして、結果・・・。

スパイシーな夜を、貴方に。

アワレみ隊OnTheWebが新機軸として打ち出したオフ会シリーズ、「スパイシーナイツ」。別に夜である必要はないし、第1回目開催時から「ナイツ」と複数形にされているという妙なネーミングであった。

ただ、とにかくスパイシーで平和ボケしたわれわれの脳髄をグラグラと揺さぶって欲しかった。誰かに「大丈夫?」と心配してもらいたかった。そういうマゾヒストでありつつ母性本能をくすぐるような(妄想含)、オフ会を今後続けていくことにしたのであった。

あてもなく、スパイシストは今日も行く。

四川料理/老四川

タイ料理/プリック

四川料理/知音食堂

ベトナム料理/フォーベト & 四川料理/知音食堂

唐辛子料理/赤ちり亭(1)

中国東北料理/故郷味

唐辛子料理/赤ちり亭(2)

メキシコ料理/ソル・アミーゴ

タイ料理/One Dish Thai

四川料理/沸騰漁府

四川料理/味覚

半径50mの世界食べ歩き

東京外語大学の大学祭は、隠れた名所だった!世界各国の料理と、お酒が一度に楽しめる日本でも類を見ない「食べ歩き世界紀行」ができる場所。値段は安いし、見慣れない料理とお酒が楽しめるし、これ以上ない食のワンダーランドだ。これはもう、食べ歩くしかない。

2005年:居ながらにして世界旅行

2006年1:突撃、そして撤退

2006年2:世界征服の野望

2010年:世界は二度震撼した

ラーメン家二郎を作ってみよう

ジャンクなラーメンの極北、ラーメン二郎。その魅力に取り憑かれた男が、家でもあの味を再現できないものかと立ち上がった。題して、「家二郎」。

ラーメン作りの経験が皆無であるにもかかわらず、スープから作り始め、目指すは自分だけの、ココロ行くまでトッピングしまくりのラーメン。ヤサイニンニクマシマシで!

導入編

ラーメン家二郎

うどん家二郎

沖縄そば二郎

市販家二郎

ラーメン家二郎ふたたび

保田漁港・ばんやの魅力

千葉県の房総半島に、「保田漁港」という小さな漁港がある。普通、館山方面に観光に行く場合素通りされてしまう場所なのだが、ここには漁港直営の「魚食普及食堂・ばんや」というすごい食堂があるのであった。その「ばんや」のすばらしさを、たくさんの写真で余すところ無くお伝えする。

保田漁港への誘い

ばんや紀行

ばんや紀行写真集1

ばんや紀行写真集2

魚まみれお泊まりオフ2005

冬の味覚をばんやにて。【2005年12月】

大型メニューの襲来【2013年04月】

魚まみれお泊まりオフ2013

そしてばんやは魔窟になる【2014年12月】

やっぱりでかいぞばんやの魚【2015年12月】

ばんやのメニューと5人の対決【2016年12月】

伊勢海老アップ

ますゐ全メニュー制覇プロジェクト

広島におけるB級グルメの殿堂・精肉屋直営食堂「ますゐ」を愛してやまない男達がついに立ち上がった。「サービストンカツ(ライス付き)350円」ばかりを食べていては、進歩がない。ならば、全メニューを制覇してしまえ。それがたとえ何年かかろうとも。

導入部

恐るべしますゐソース

そして男達は戦場へ向かった

ますゐ詣で2003夏

ますゐソースは世界を救う

寸止め一本!

ちょっと一品、の逆襲

中東人の乱入

伏兵襲来!ハッピー宴会コース

な、なんだってー

そして伝説へ

ますゐTシャツを作ってみた

ますゐTシャツ表

それからのますゐ

松茸だぞおい

新しい発見

新感覚、かき入り寿き焼き

山手線立ち食い蕎麦一周耐久レース

首都・東京をぐるりと取り囲む路線、JR山手線。どの駅も賑わいを見せているが、そういえば「立ち食い蕎麦屋」というのはいったい何軒あるのだろう?どの駅にもあるような気がするし、実はぜんぜん無い気もする。何も調べずに、できるかどうかわからないまま「山手線の立ち食い蕎麦、全店舗制覇!」を掲げてみた。たった一人で。

第1弾:2001年12月24日

アワレみ隊OnTheWeb完全リニューアル記念として、2001年12月に行われた「山手線の駅構内にある立ち食い蕎麦喰い歩き」企画。

誰が望むでもなく、自ら企画立案し、そしてたった一人で玉砕していった哀しくも薄ら可笑しい戦いの記録。

現場より完全生収録した肉声を再現。

第2弾:2005年05月08日

・・・満を持して、2005年5月8日、第二弾決行。まだ懲りていなかったのか?

・・・はい、まだ懲りていなかったんです。第一弾でクリアできなかった事が悔しくて悔しくて、昼も眠れなかったんです。当たり前だ。

第一弾で逃亡した東京駅から企画は再開、山手線外回りで池袋駅を目指す。

番外編:2011年10月01日

数年ぶりの企画復活。といっても前回までの続編ではなく、スピンアウト企画。

メガステーション・上野駅を舞台に、上野駅構内の蕎麦屋全制覇を敢行。

誰が得するわけでもなく、ただひたすらに孤高に食べ歩くおかでんであった。

アメリカ食い道楽で肝臓フォアグラ一直線

アメリカってメシがまずいんだよね・・・という話は聞いていたが、しょせん日本人と同じ「ヒト科の生き物」。そんなにまずかろうはずがない、と思っていたら大間違いだった。豊富な写真でアメリカの食事に迫る。

導入部

1日目:1999年05月29日

2日目:1999年05月30日

3日目:1999年05月31日

4日目:1999年06月01日

5日目:1999年06月02日

6日目:1999年06月03日

7日目:1999年06月04日

8日目:1999年06月04日

広告

ソーシャルリンク