胃袋至上主義宣言【個別記事】

「胃袋至上主義宣言」コーナーに属する、個別記事です。

胃袋至上主義

まん防は食べない【ばんや:2022年01月】

新型コロナウイルスの感染拡大第六波、ということで「まん延防止等重点措置(通称:まん防)」が国内の各地で適用されている中、千葉県の房総半島・鋸南町にある「ばんや」に今回も行ってきた報告。 だいたい毎年1回、冬のシーズンにばんやを訪れて...
胃袋至上主義

羊肉の会#7 「羊湯」といういい湯加減

新型コロナウイルスの感染拡大と縮小が繰り返される2021年。 奇跡的に感染者数が少ない秋のうちに、定番のオフ会シリーズ「羊肉の会」を開催することにした。
胃袋至上主義

オフ会復活の狼煙を上げるため、まずは羊肉を食べてみることにした。【羊フェスタ2021】

もともと僕は酒飲みで、しかも交友範囲が広くなかった。そんなわけで、「オフ会」と称して飲んだり食べたりする企画をずっと昔から続けてきた。 たぶん、僕が90年代のパソコン通信文化から自分のキャリアをスタートさせたからだろう、「オフ会」と...
胃袋至上主義

GoTo魚イート【ばんや:2020年12月】

2020年12月19日(土) 今年も、この時期に「ばんや」を訪問した。 自分が住んでいる場所とは違う他県の飲食店で、ここまで通っているお店は他にない。振り返ってみると、初回訪問は2002年の家族旅行だった。そこから順調に、男女...
胃袋至上主義

おちこんだりもしたけれど、魚はげんきです。【ばんや:2020年03月】

「ばんや」に今シーズンも行ってみることにした。過去何度目だろうか、もう数えきれない。でもこれでも僕は少ないと思っていて、本来なら四半期ごとに訪問(=年間4回)したいと思っているくらいだ。 その気になればいつでも行ける気が...
胃袋至上主義

羊肉の会#6 「焼き羊」というありそうでなかった単語

毎月開催を目標にしつつ、微妙に隔月だったりする不定期開催オフ会「羊肉の会」。正式名称は「主に羊、あるいは民族料理と」というタイトルなんだけど、長過ぎるので面倒くさくて「羊肉の会」と省略している。省略しすぎだけれど。 なので、本来は「...
胃袋至上主義

羊肉の会#05 優しく羊を愛して

「おかでんさん、こういうお店があるんですけど」「よし行こう」 そんな感じで行き先が即決される「羊肉の会」。今後もこれまでのようにほぼ毎月開催、とはいかないと思う。いずれ息切れして、隔月開催とか不定期開催になっていくこともあるだろう。...
胃袋至上主義

羊肉の会#04 アラジンと魔法の羊

毎月開催っぽくやっている「羊肉の会」、第四回目もファウンダーののっちょさんがお店を見つけてきてくれた。場所は六本木だという。 この人はすげえなあ、一体どこからお店の情報をキャッチしてくるのか。夜な夜な「羊肉 東京 うまい」みたいな...
胃袋至上主義

羊肉の会#03 羊だらけの中華に迷え

一応「毎月開催」を謳っていた羊肉の会だけど、さすがに9月は「激辛グルメ駅伝」オフ会が毎週開催されていたので厭戦感が強かった。そのため、一ヶ月素通りして、10月の開催となった。 本来9月は、新大久保にある「羊の背骨を使った鍋」が食べ...
胃袋至上主義

激辛グルメ駅伝2019

2013年から始まった野外イベント「激辛グルメ祭り」。なんの因果か、初年度からずっと通いつめ、今に至っている。毎年夏になると、僕の腸内フローラは戦慄し、激辛の刺激を前になすすべなく善玉菌悪玉菌関係なく皆殺しの目に遭っている。 この飽...
胃袋至上主義

羊肉の会#02 その名もずばり、「羊肉の会」に潜入する

第一回目の羊肉の会を順調に滑り出した御一行様は、早速次なる「羊肉の会」を模索しはじめた。 というのも、うかうかしていると8月下旬から「激辛グルメ祭り」に便乗した毎週開催オフ企画「激辛グルメ駅伝」が始まってしまうからだ。 ...
胃袋至上主義

羊肉の会#01 モンゴロイドがモンゴル料理を食べるナイト

「 激辛グルメ祭り」やバーベキュー企画のときに参加してくれる、「のっちょ」さんから「羊肉を食べる企画を立ち上げませんか」とLINEで打診があった。聞くと、今まさに羊肉がマイブームなのだという。あれこれ食べたいと熱く語ってらっしゃる。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました