山手線立ち食い蕎麦一周耐久レース(第1弾)

戦いの火ぶたは切って落とされた/池袋→田端

※当日その場でICレコーダーに吹き込んだコメントをテープおこししました。

#01 池袋駅  PM12:02

さあて、栄えある一駅目。我らが池袋駅です。ここから山手線の旅が始まる・・・無事帰ってこれるんでしょうか。っていうかこんな罰当たりな企画やってるお前は帰って来なくて良いぞ、と厳しいご指導を賜りそうな予感がしつつ。

今の心境ですか?えーとですね、そうですねえ、そろそろお正月ですからね。双六楽しいですよね。あれと同じわくわく感ですよ。一体どれだけ山手線一周の間に立ち食いそば屋があるのか?案外、自分の記憶を辿ってみても覚えていないものなんですよね、こういう情報って。あの駅にはそば屋があるナ、と知ってはいても、サテそれが改札の外だったのか中だったのか、なんて事になるとちょっと怪しくなってくる。それに、普段使っている出口とは違う出口側に、さりげなくそば屋があるかもしれない。何か、宝探しの気分ですよ、にゃーんて。

で、ただ今12時2分。まさしく出発地点兼ゴール地点である池袋にいるわけなんですけど。

えー。駅構内全部探しても店、ありません。えへへ。おなか空いているんですけどねえ・・・。なんか、ほっとしたというか残念というか。

そういや、この駅って改札の外にあじさいが2軒ありましたな。あと、「グランドキッチンみかど」とかいう軽食屋の屋台村みたいなのがあって。駅構内、広いんだから立ち食いそば屋くらい中に作りゃいいのに。ニーズが無いんだろうか?おいおい、お父さんなんだか不安になってきてしまったぞ!

ま、結論。店、無し、ということで。5分くらい歩いたんですけど見つからなかったので、次の大塚駅に向かいます。

※後註:実際は、池袋駅構内に1軒、「生そば処」という蕎麦屋が存在していました。当時は、早く先に進まないと、という焦りから調査が中途半端で、うっかり見落としてしまった模様。

#02 大塚駅  PM12:06

大塚駅

えー、12時6分?12時6分に大塚到着。

降りた瞬間にいやーな感じがしましたね。もうね、駅、がっらーん。島型ホームが1つあるだけで。なんとものどかなんですよ、空気が。やっぱ、立ち食いそばってのは時間を気にしつつ、次やってくる電車のアナウンスを聞いて慌てつつ、ずずずっとすすってナンボじゃないですか。って事を考えれば、明らかにこの駅はそういう殺伐さが似合わない。っていうか、想像できない。っていうか、現実的に目の前にそば屋が存在しない!

改札まで降りてみたんですが、やっぱり何もなかったので、さっき乗ってきた電車の次の電車に飛び乗って、と。おっとっと。12時8分・・・12時8分、巣鴨に向かいます。

(がたん、と電車のドアが閉まる音)

#03 巣鴨駅  PM12:10

巣鴨駅

えー、12時10分、巣鴨到着。

巣鴨、さっきの大塚と違ってなんとなくざわざわした感じ。ホーム上にキオスクやジュースの自販機やベンチなど、雑然とあるからなんでしょうかね?こういう感じの駅こそ、立ち食いそば屋がふさわしいと思うんですが、さてどうかなと。

あと、巣鴨といえばとげ抜き地蔵。参拝にくるお年寄りはきっと多いはず。現にほら、こうしてホームのベンチを見渡してもお年寄りが結構いますな。

ってぇ事を考えると、だ。歯が弱いお年寄りはきっとそばが好きに違いない。ならば、立ち食いそば屋があったって何ら不思議じゃないって事になる。どうだ!どうだ!

さあ、では早速探索してみることにします。駅の構成は・・・んー、池袋寄りに橋上駅舎があるだけですかね、じゃああそこに行けばいいと。

巣鴨駅コンコース

うー。

橋上駅舎行ってみたんですが、エスカレーターを登るとそこにはNEWDAYSが。以上、お終い。ありゃー。

何でかなあ。駅の雰囲気、すごく立ち食いそば屋にあっているんだけどなあ。どうして作らないのかなあ。まあ、多分とげ抜き地蔵の門前にたくさん食べ物屋が並んでいて、参拝客はそこで食事をしているんでしょう。行ったこと無いのでよくわからんけど。だから、敢えて駅に立ち食いそば屋を用意するだけの需要が無かったという事でOK?

・・・誰に許可求めてるんだろ、俺。

えー、ここでも店なし、ということで、12時14分、次の駅に、駒込に向かいます。

#04 駒込駅  PM12:15

駒込駅

えー、12時15分。駒込到着です。

この駅を紹介する前に、一つ先ほどの訂正をば。

巣鴨のとげ抜き地蔵参拝客目当てに立ち食いそば、って言ってたけど、そりゃ無理だぁ、って事でお詫び申し上げたりなんかするわけです。だって、そりゃそばは歯が弱いお年寄りには食べやすいだろうし、消化もいいし最適かもしれぬ。でも、でもだよ、「立ち食い」って時点でシンドくてしょうがないだろーが。

失礼しましたー。

ってことで、さて駒込。

さようなら。次の駅は・・・

いやあ、あのー、ここって、大塚に増して静かなところで、もう見るからにそば屋が無いって感じなんですよね。ここが東京か、って疑いたくなるくらい牧歌的で・・・いや、牧歌的ってのは言い過ぎでした、すいません、いくらなんでもそれは言い過ぎ。ま、それくらい静かだったというわけです。

で、東京方面寄りの出口に降りてみて、やっぱり蕎麦屋が無いことを確認したんですが、ホームで「実際に訪れたんだぞ証拠写真」を撮影しているときに、えー、池袋側の方に大きな橋上駅舎があるって事に気づいて、慌てて走って確認しに行ってきたんですが、ここももう階段上がったらすぐに出口があるだけで、何も無かったです。さすがに駅の端から端まで走ったので著しく疲れました。何で走らなくちゃいかんのやら、我ながらさっぱり。ホームで電車を待っている人もびっくりしていたし。そりゃそうだよなあ、電車が来るわけでもないのに、ホームを全力疾走しているオッサンがいるんだから。

うーん、やっぱり、あのー、島型のホームが1個だけしかない駅っていうのは立ち食いそば屋が無いのではないか、という気がしてきたですよ。ってぇ事は、次の田端からは京浜東北線と併走するんで、この駅そば不毛状態からの脱却ができるかもしれない、と。そろそろ1軒目に遭遇しないと、こっちもモチベーション下がってしまいますからね。次に期待。えー、12時19分、出発。

#05 田端駅  PM12:21

田端駅

えー、12時21分。田端到着です。ここからは京浜東北線が合流してくるので、がぜん駅の格っていうか規模が違ってきますね。乗り換え需要もあるだろうし、そば屋に期待!って感じです。しかし、何となく駒込、大塚に通じる「のどかな冬の昼下がり」雰囲気が満々なのは一体どうしたものんでしょう。

早速探索してきます。報告は後ほど。

田端駅コンコース

えー、ここの駅の構造は南口、北口それぞれに橋上駅舎があるっていう構図でして、それで、ホームの端から端まで走らないといけない羽目になっちまいました。つ、疲れたー。

・・・いや、走らなくてもいいんですけどね。

何でか、「次の電車がくるまでには、何とか!」って気になっちゃうんだな、これが。慌ててるっていうか。

走った後になって、「『何とか!』って思ってるって事は、はなっからそば屋なんてありっこねぇ、って考えているんではないか俺は」、と気づいた次第で。そりゃトホホだわなあ。

で、結局ここにも店はなしと言うことですね。で、ちょうど京浜東北線の快速が走っていたんで、よっぽどそっちに乗ってショートカットしようかとも思いましたが、ま、予定通り山手線に乗ります。12時、えー、24分、出発。

一体いつになったら蕎麦屋に出会うことやら!早く食べたい気持ち半分、できれば食べないまま粘っていきてぇ、という気持ち半分って感じでしょうかね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました