歴史が動いた・紙メニューのばんや【ばんや冬の陣2018】

注文票パート2

一通り、注文した料理は出てきた。

さあ、どうする?

お互いが顔を見合わせる。

まあ、この程度で終わりにしても全然問題はない。食べるだけ食べた。しかし、「この程度で終わりにしても」という表現を使ってしまうくらいにしか、食べていないとも言える。

じゃあ、何か頼もうぜ。

迷ったら、進め。

とはいっても、一通りの調理ジャンルは既に選択済みなので、第二陣の注文をどうするか、ちょっと話し合いになる。

清酒

もぐさんが注文した、冷酒。

こういう緑色の瓶に入っているお酒、久し振りに見た。

ビールもいいけど、やっぱり魚とあわせるなら清酒といきたい。

ばんや料理

スルメイカ刺し。1,000円。

イカ刺しは鮮度が命の食べ物だ。消しゴムみたいに真っ白くなていない、あめ色の半透明な身のイカ刺しがうまい。ばんやでは、それが食べられるから、ぜひ頼んでおきたいところだ。しかも、イカのワタもついてくるので、酒飲みにとってはむしろワタの方がご馳走かもしれない。

ただ、この日は紙のメニューに記載がなかった。

「今日は運が悪かったね、取り扱いがないみたいだ」

と話をしていたのだけど、そんな時すいーっと店員さんがイカ刺しを別のテーブルに運んでいるのが見えた。あれっ?

どこにそんなメニューがあるのだろう?と思って店内を探し回ったら、店頭の食品サンプルにスルメイカ刺しを発見。ああ、これだこれだ。

そんなわけで、危うく見逃すところだったイカ刺しをゲット。

時期によっては、いろいろなイカの刺身がメニューに並ぶこともあるけど、この日はスルメイカオンリー。

もちろんうまい。

うまいんだが、このねっとり感のあるうまさは、もう少し早い段階で食べたかったかもしれない。

ばんや料理

これぞ「ザ・蛇足」。

イカかき揚げ、600円。

これまでずっと、「イカかき揚げはうまい」と僕は言い続けてきたし、何度か参加したことがある人も同じことをいっている。ただし、「イカの美味さ、というか、かき揚げに含まれている玉ねぎの甘さがうまいんだよなあ」というのが高評価の60パーセントくらいを占めている気がする。

なので、これを頼むと、ちょっと悔しい気持ちも、ある。

もちろん、新鮮なイカで作ったからこその、柔らかい食感というのは嬉しい味わいだ。立ち食い蕎麦屋のかき揚げに入っている、硬いイカゲソとは訳が違う。

しかし、実物がテーブルに届けられて、一同苦笑してしまった。思ったより、デカいぞこいつァ。

大きなかき揚げが、どかんどかん、と4枚。最後の「シメ」の気分で頼んだのだけど、これは相当デカかった。お持ち帰りのお土産にしても良かったくらいだ。

「うまい・・・んだけど、量が・・・」

みんな、ふうふう言いながら食べる。

ばんや料理

メジナ唐揚げ、1,000円。

メジナって、普段そこらへんのスーパーでポロンと売られているお魚じゃない。なので、折角だから頼んでみよう、ということにした。

すると、これまたデカいことデカいこと。

「いやあ・・・これが最後の注文なんだけどなあ、ダメ押しでデカいなあ」

もう、笑っちゃうしかない。最後、本当にダメ押しって感じで食べきった。これで満足ではないとは言わせない。いやあ、食べたなぁ。すごい食べちゃったなぁ。

(つづく)

タイトルとURLをコピーしました