満腹まであと1分!ドでかい国営昭和記念公園で行われるグルメイベントはマジでデカかった

まんパク店舗

今回、自分を含めて3名でこの地を訪れたので、3名で手分けをして買い出しに出る。ジャンルごとで担当者を割り振り、そのジャンルの中で何を買ってくるかはその人におまかせ、ということにした。

そうでもしないと、気がついたらテーブルの上が肉ばっかりになった、とか同じ料理を買ってきてしまった、ということになりかねない。ひたすら揚げ物、なんていうのはキツいので、バランスよくあれこれ食べたい。

リーフレットを見ると、お店の紹介で料理写真が掲載されている。それを目当てにお店に行ってみると、写真の料理以外もいろいろ取り扱いがあることがわかる。

お店のチョイスでまず悩み、その後お店の中のメニューでさらに悩む。贅沢な悩みだけれど、これは難しい。有限の胃袋とお財布とガッツをどう折り合いつけるか。

まんパク店舗

あと、3人でシェアするということになると、食べやすい料理を意識することになる。焼きそばのような料理だと、取皿が欲しい。なので、「手でつまめる系の料理」をえらびたくなるのが人情というものだ。

そうなると、揚げ物というのは重要な選択肢となる。

もちもちポテト

そんなわけで、もちもちポテトを購入。

これが食べたかったというわけではないのだけれど、みんなで話をしながらちょいちょいつまむには丁度いい料理だ。あと、これはシェア向けではなかったけれど、「もとだれチーズチキン」という料理を。

まんパク店舗

世界のビールを扱っているお店。

瓶ビールで、これだけ並べているのだから大変だ。「とりあえずビール。」なんて言ってられない。どれを選ぼうか、お酒を飲む人は目移りしてしょうがないだろう。

怪しいビール

これは連れが購入したビール。

タイトルが全く書かれていない、不思議なビールだ。鳥かごの柵が歪んで、鳥が逃げ出したと思われる絵が1枚。それだけ。

これだけ見ても、ビールかどうかわからない。海外のお酒だけれど、これは日本で堂々と売るのは難しいだろうな。「子供がうっかり飲んだらどうするんだ!」って意見が出て。

ビール裏ラベル

瓶の裏側にもラベルが貼ってあって、これが「OMNIPOLLO オムニポロ」というブランドのビールだということがわかった。聞いたことがない。どうも、スウェーデンのブルワリーらしい。

れっきとしたビールで、4.3%の度数。へえー、こんなビールがあったのか。

ビール

他にも、最近の流行りってことでクラフトビールを扱うお店がちらほら。東京クラフトビールというお店では、「地ビール飲み比べセット!!」を売っていた。「立川レモンエール」なんて名前で、もうビールなんだかレモネードなんだか、一瞬わからなくなる。

まんパク店舗

チーズエリアで、ひときわ行列ができているお店があった。

「北海道中標津しいたけ『想いの茸』」というお店だ。さすが、前日人気ランキング2位のお店だけある。

おや、よく見ると軒先の店名表記の横に、「2位」のラベルが貼ってある。人気ランキングの結果が、店頭ですぐにわかるようになっているのか。かなりユーザーフレンドリーな作りになっていて、ここの主催者の気の回りようにちょっと驚く。

料理

行列ができるお店に並ぶのはやめて、その近くにあったお店でチーズ3種盛りを買った。これで700円。

こういう料理を野外イベントで買える、というのが楽しい。つい、屋台料理というとガッツリくる炭水化物や揚げ物、甘いものに手を出してしまうけれど、「ワインでも飲みながらまったりしてください系おつまみ」が売られているというのが、なんだかいいよね。

(つづく)

コメント



タイトルとURLをコピーしました