とり喜で焼き鳥

とり喜

ミシュラン一つ星を獲得する焼き鳥屋へ潜入。

1月近く前から予約を入れないといけないお店。その際、18時半までに「全員そろった上で」入店することを求められる。 僕はわざわざ有給休暇をとってこの日に備えた。

当日昼には、わざわざお店からリコンファームの電話がかかってくるくらいの念の入れよう。

出てくる串料理はどれも驚きを与えてくれるものだ。

とり喜の焼き鳥

最初に出てきた「さびやき」の一口目で度肝を抜かれた。 レアな状態で仕上げた鶏ささみ肉にわさびを載せたものなのだが、そのふわふわさはマシュマロを思わせるものだった。

他も、すべて食感がすばらしく、味も雑味のない澄んだものばかりだった。

食べ進むにつれ、そのあまりに上品な味わいに「もっと下品さがあってもいいのに」と物足りなさを感じたくらい、別次元のお味。

この日のコースは、

さびやき、かしわ、小たまねぎ、ちぎも、筍、つくね、小なす、すなぎも、白玉、かわ、しいたけ、てばやき

だった。同行者はしいたけが苦手だったので、これはアスパラに交換となった。

食べている最中、「お口直し」として大根おろし、きぬさや、トマトも出てきた。

また、お通しはお新香。 追加で合鴨とぼんぼち。 鶏スープが出て、抹茶アイスがでて終了。 お会計は二人で13,100円。

(2014.03.25)