溶けるのが正義【嬉野温泉とろとろ温泉湯どうふガーデン】

こんなイベントがあるという。

「嬉野温泉 presents とろとろ温泉湯どうふガーデン」

ビアガーデンのシーズンが終わり、ああもう冬の訪れを感じる季節になりましたね、と思っていたら、今度は「湯どうふガーデン」か!これには不意をつかれた感じがした。

不意をつかれて、とてもいい。

なんでも、嬉野温泉名物の湯豆腐を5店舗、食べ比べることができるのだという。なにその幸せな提案。行くしかあるまい。

湯豆腐、というのは、僕は昔は好きではなかった。子供のころ、冬の季節になると一月に一回以上、この「湯豆腐」なる鍋が食卓に上ったのだけど、子供心にワクワクしなかったからだ。

お湯を張ってぐらぐらしている鍋の真ん中に、普段はココアなどを飲むのに使う、幅広のマグカップが沈められている。そしてそこに、真っ黒な醤油と鰹節が注がれている。

お湯で豆腐を温め、その後湯切りしつつ醤油そのものにドブンと豆腐を沈め、それから食べる。とにかく、しょっぱかった。それがおかでん家の湯豆腐。ご飯の上にオンしながら食べる、というのがおかでん家流だったけど、それでも辛かった。あれは一般的な食べ方なのか、おかでん家独特なのか、よくわからない。少なくとも、僕の父親が愛してやまない料理、それが湯豆腐だった。

そんな「塩辛くて、豆腐ばっかりで単調な食事」のイメージだった湯豆腐だけど、大人になってみると案外うまいものだな、と思えるようになってきた。もちろん、塩っ辛いのはノーサンキューだけど、豆腐のしみじみとした美味さがよくなってきたんだな。この歳になると、湯葉なんて大のごちそうだ。

2017年、アワレみ隊は長崎ツアーを敢行し、その際に嬉野温泉に一泊した。僕は「嬉野温泉といえば湯豆腐。湯豆腐を食べたい」と主張し、おかげで念願の湯豆腐にありつくことができた。

長崎の過去と今【軍艦島・池島】
朽ちていく建物、護られる建物 2017年春。おかでんは珍しくやる気を出していた。むらっ気のある性格で、テンションが高いときと低いときに周期性があるのだけど、ちょうどテンションが上がり調子の時と春の訪れとが重なったからだ。 「ゴールデ...

あれは良かった。また、食べたいものだ、と思っていたが、東京に住んでいる以上、そうやすやすと嬉野温泉に行くわけにもいかない。

そんな中での今回のイベントですよ。

まさか嬉野温泉が東京に殴り込みをかけてくれるとは、思ってもいなかった。ありがたい。「鴨が葱しょってやってくる」という言葉があるけれど、嬉野温泉が湯豆腐をしょってやってきたぞー!

嬉野温泉の湯豆腐は、他ではマネができないものだ。単に、佐賀県産大豆100%でお豆腐を作りました!というだけでは、湯豆腐にならない。というのも、嬉野温泉の湯豆腐は、「嬉野の温泉水で煮る」ことによって成立するからだ。

嬉野温泉の重曹泉を用いて豆腐をゆでると、豆腐が煮溶けて茹で汁が豆腐色に染まる。それはまるで豆乳のようで、固まりかけのおぼろ豆腐のようにも見える。

そういう、ほろほろ、とろとろの状態の豆腐を茹で汁ごといただくのが、嬉野温泉の湯豆腐の特徴だし、醍醐味だ。他にこんな湯豆腐、見たことあるか?嬉野温泉、すげえ!と言わざるをえない。

今回、その湯豆腐を一挙5店舗も食べられるというのは、なんとも贅沢のきわみだと思う。

ああお父さん、昔の僕は「湯豆腐=貧相」と思っていた時代がありました。ごめんなさい。でも今や、「湯豆腐が食べられる」ことを「贅沢のきわみ」とまで形容するようになりました。すくすくと育ち続けて44年、あなたの息子はここまで成長したのです。

2018年11月8日(木)

イベントのチケットを手配したのが早めだったこともあり、うっかりしていた。この日僕はテレワークで、在宅の仕事をやっていた。会社帰りにさくっとイベントに立ち寄るつもりだったのに、わざわざ自宅から仕事を終え次第「面倒くせー」とぼやきつつ、品川へ。

場所は、品川港南口にある「品川シーズンテラス」だという。どこだ、それ?
最近の港南口は結構変わったと聞いてはいるけれど、これは知らない。

しかし、地図に導かれて行ってみて、驚いた。ああここ、昔浄水場があった場所だ。お前、ビルになっちまったんか。

いや、たぶん、浄水場そのものはまだ残っているのだろう。

オフィステナントが入っているタワービルの背後に広大なイベント広場がある。

地図を見ると、更地のように見えるけど、このイベント広場に行くためにはエスカレーターに乗って二階に上がらないといけない。

浄水施設を覆って、その上に公園を作ったというわけか。かなり大掛かりだ。

でも、そのお陰で湯豆腐が佐賀県は嬉野からやってきてくれたわけで。感謝だ。

イベントは4日間の会期。木曜日から日曜日まで。

チケットは当日券もあるものの、事前にネット販売されている。

僕は偶然、チケットを販売しているネットサイト(Peatix)をサーフィンしていて、このイベントのことを知った。

Peatixは、この手の「ちょっとマニア心をくすぐる」イベントがちらほら見つかるので、僕は一週間に一度ざーっとイベント一覧をチェックするようにしている。

Peatixは、「結婚式の二次会幹事が参加者からお金を回収する」ような使い方もできる、少額決済に強いネットチケット販売サービス。わざわざ「イープラス」や「チケットぴあ」のような大手に取り次いでもらうまでもない、という中・小規模イベントが活発に利用している。

さすがに「○○君△△さん結婚披露宴二次会チケット」みたいなものは非公開イベントにされているので、僕が目にすることはない。そのかわり、今回の湯どうふガーデンみたいな「おっ、これは!」というキラリと光るイベントが見つかることが多いので、サーチをやめられない。

会場案内図。

温泉マークののれんが会場入口にバーンと掲げられ、風が吹いてそれがヒュウ、とめくれあがるとその先に東京タワー。

東京で嬉野温泉!湯豆腐!というこのギャップを強く意識させる、ナイスロケーション。

「きものレンタル」ならぬ「ゆかたレンタル」を会場では行っているらしく、浴衣を着た男女もチラホラいた。これもギャップがすごい。東京タワーを眺めるオフィス街で、浴衣だもの。

テントが並ぶ。それぞれが、湯豆腐をふるまうお店。

一度に五店舗分をどかんどかん、と1プレートで提供されるのかと思ったけど、そうではないらしい。

一軒一軒、チケットを手に食べ歩くというスタイル。

利き酒飲み比べセットみたいなものとは違って、湯豆腐は熱々を食べてナンボだ。一度に1プレートで盛られたんじゃあ、食べる順番が後になった湯豆腐店がかわいそうだ。

先着制だったようだけど、前売りチケットを買った人は木桶がもらえた。

宅配便で、自宅に木桶が届けられたときはびっくりした。その時は、全く心当たりがなかったからだ。てっきり、会場で桶が貰えるものだとばかり思っていた。

送られてきた木桶には、「うれしの温泉湯どうふガーデン」という焼き印入り。今回、このイベント専用に作ったものだ。

桶の相場というのがいくらなのかわからないけど、安いものではない筈。なにしろ、水漏れしないように精密に作らないと意味がないものだから、安いわけがない。それをチケット購入者に事前に宅配便で送る。もう、この時点で前売りチケット代1,300円では赤字の筈だ。

なにやっとんねん、嬉野温泉!サービスしすぎや。

もうね、東京の奴らからどんどんカネをむしりとればいいんですよ。採算度外視で地元PRなんて考えなくていいんですよ。どうせ東京の人は、娯楽と刺激に飢えているんですから。少々高い値段を提示したって、人が集まりますよ。せめて、原価割れはしない程度に儲けて欲しい。心底、そう思う。

ただ、この桶には紙が入っていて、それがくせ者だった。

「当日は、(ネット予約した)チケットと、この木桶を持ってきてください」

と書いてある。まじか。これ、折りたたみができないし、結構かさばるんですが。これを担いで持ってこいとな。それは何かの罰ゲームのようだ。

幸い僕は、自宅からこの会場に向かったから問題なかったけど、職場経由、または仕事上のお客さんオフィス経由で会場を目指すとなると、この桶はすごく目立ったことだろう。ははーん嬉野、さてはそれが狙いか!

「木桶大サービスだけど、それは広告宣伝看板の役割も果たしています。そこんとこ、考慮して職場の同僚などにPRしてくださいね」

というわけだ。

ついでに、イベント後に家に持ち帰って、捨てるに捨てられない良いものなので使い続けることになる。わかった!銭湯の「ケロリン」の桶と一緒だ!

スマホの画面を受付で提示して、湯どうふの引換券をいただく。

最後の最後でアナログなチケットに戻る、というのが、2018年の現状。

(つづく)