楽天カフェ

楽天カフェ

2014年5月29日に渋谷公園通りにできたばかりの、楽天が運営するカフェ。

楽天市場で取り扱っているスイーツが実際に食べられる、とか楽天がやっている電子書籍リーダーkoboが座席に置いてあって自由に使える、とか、楽天カードを使えばコーヒーなどが割引、とか、いろいろ「ネットとリアルの融合」を目指しているっぽい。

楽天カフェ

座席の大半に電源コンセントがあり、無料Wi-Fi完備、というのも今風。

驚異的なのはその値段だ。 ドリップコーヒーはSサイズ280円。Lサイズは360円。この手のカフェにしては安い部類だ。 さらに決裁を楽天カードで行った場合は、これが半額になり、Sサイズ140円、Lサイズ180円だ。 呆れるような値段設定。 カフェ単体で利益を上げよう、なんて考えてはいないのだろう。さすが巨大複合企業楽天、やることがえぐい。

あと、このお店は「よなよなエール」に代表される「ちょっとこだわりの地ビール」が安く売られているのも魅力だ。 よなよなエールだと、350ml缶で395円。 ピザや生ハムといった軽食もあるので、軽く飲んで食べる、という利用もできるだろう。

場所柄、大コケすることはないカフェだとは思う。しかし、楽天自体はカフェをやりたくてやってるわけじゃない。興味が失せて別の業態に変えたり、まったく違う展開に鞍替えするのは案外早いのかもしれない。

(2014.06.02)