自爆テロ

おいちょっと待てやめろ

弊息子は、親がどこにいても目が届く場所にいたいと思っていて、「ダイニングとキッチンの間の廊下部分」に陣取っていることが多い。

ここだと、リビングでもダイニングでもキッチンでも洗面所でも、どこに親がいても監視できる。ミシェル=フーコーが言うところのパノプティコンとして自らを機能させている。親である僕は、パノプティコンの生権力のもと、緊張感を強いられる生活を送っている。

(2022.01.09)

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください