胃袋至上主義

おちこんだりもしたけれど、魚はげんきです。【2020年03月】(その6)

ばんやを後にした我々は、鋸南町の隣、南房総市にある「道の駅とみうら」にやってきた。たいてい、ばんやで食事を食べる機会があればここまで足を伸ばしている。 ここは、ビワが名産で、ビワ関連商品が道の駅でたくさん売られている。独自開発の商品...
胃袋至上主義

おちこんだりもしたけれど、魚はげんきです。【2020年03月】(その5)

ヤリイカ刺しがきたぞー。 ついさっきまで、水槽でぴょこぴょこ飛び跳ねていたやつが、今こうして輪切りにされている。イカからすると、一体何が起きたのか?と理解できないだろう。
胃袋至上主義

おちこんだりもしたけれど、魚はげんきです。【ばんや:2020年03月】(その1~4)

「ばんや」に今シーズンも行ってみることにした。過去何度目だろうか、もう数えきれない。でもこれでも僕は少ないと思っていて、本来なら四半期ごとに訪問(=年間4回)したいと思っているくらいだ。 その気になればいつでも行ける気が...
スポンサーリンク
食い地獄の狭間にて

ケーキをうんざりするまで食べたい?よかろう、不二家に行くがよい

2020年の春分の日三連休、東京は桜が大いに咲き誇った。 場所によってはまだぐずっている木もあるけれど、いったんテンションが上っちゃった桜は我も我もと咲き始め、気が早いところはもう満開になっていた。
食い地獄の狭間にて

「大根一本、まるっと食べ切り鍋コース」をまるっと食べる

僕がここ1年、根城にしているカフェが東京・台東区にある「コーツトカフェ」だ。住宅街の中に、ひっそりとしているようなしていないような、微妙な存在感でお店を構えている。 若くて意欲的な女性店主が頑張っていて、それを支える素敵なス...
食い地獄の狭間にて

漬けとプリン

忙しい中ではあるけれど、突発的に何かを作りたくなることがある。便利になったご時世だからこそ、あえて手間がかかることを。そんな気分になること、みなさんもありませんか?僕はあります。ただし食べ物に限るけれど。 なにせ普段ずっとPC相手の...
蕎麦喰い人種行動観察

手打蕎麦 ぐらの(20)

2020年03月22日【店舗数:—】【そば食:725】埼玉県ふじみ野市大井町 そば膳、ふきのとう天、十割そば ときどき、このサイトの「意見・要望」ページから励ましのメッセージが送られてくることがある。もちろん、僕とはまったく面...
へべれけ紀行

のっとれ!2020残念会

2014年から毎年参戦している、新潟県十日町市の「雪中鉄人レース・のっとれ!松代城」。さすがに毎年欠かさず参加していると、だんだんダレてくるものだけど、2020年もエントリーをしっかり済ませた。 たっぴぃさんが「高所恐怖症なので、改...
胃袋至上主義宣言

保田漁港・ばんやの魅力

千葉県の房総半島に、「保田漁港」という小さな漁港がある。普通、館山方面に観光に行く場合素通りされてしまう場所なのだが、ここには漁港直営の「魚食普及食堂・ばんや」というすごい食堂があるのであった。その「ばんや」のすばらしさを、たくさんの写真...
お知らせ

フリーコメントのページ

このサイトのオフ会は、おかでんがすべて主催しています。 最近、ありがたいことに 「こういうイベントがあったら参加したいな!」「こんなイベントがありますけど、おかでんさんどうです?」 という提案をいただく機会がちらほらある...
蕎麦喰い人種行動観察

仲屋製麺所(02)

2020年02月20日【店舗数:---】【そば食:725】東京都荒川区西日暮里 五目天そば+しらす天 お昼ご飯を食べる気力があまりなかったのと、重い腰が上がるまでに時間がかかったこともあって、何か気軽に・短時間に食べら...
胃袋至上主義

羊肉の会#6 「焼き羊」というありそうでなかった単語

毎月開催を目標にしつつ、微妙に隔月だったりする不定期開催オフ会「羊肉の会」。正式名称は「主に羊、あるいは民族料理と」というタイトルなんだけど、長過ぎるので面倒くさくて「羊肉の会」と省略している。省略しすぎだけれど。 なので、本来は「...
胃袋至上主義宣言

主に羊、あるいは民族料理と

羊肉というのは、たぶん20世紀末の時点ではまだ「イロモノ」扱いだったはずだ。きっぱりと「キライだ」と言う人は巷に多かった。しかし21世紀に入ってからグイグイと市民権を得て、今じゃ結構あちこちで食べることができるようになった。ひょっとしたら...
タイトルとURLをコピーしました