へべれけ紀行

綺麗事じゃ済まされないジビエ【鋸南町狩猟エコツアー】(その6)

電気柵による害獣の侵入防止最前線を見せてもらった後、もう一つの害獣駆除方法である「箱なわ」を見に行く。 今回いただいた千葉県公認の害獣駆除マニュアルを見ると、「箱なわ」「くくりなわ」「電気柵」の3つが紹介されている。都会ぐら...
へべれけ紀行

綺麗事じゃ済まされないジビエ【鋸南町狩猟エコツアー】(その5)

ヌタ場の近くに、講師の方がお手本としてわなを仕掛ける。 イノシシの通り道と思しきところを見定め、周囲にわなをくくりつけるための木がある場所を探し、そして通り道に穴を掘ってわなをしかける。わなはワイヤーで近くの木にくくりつけら...
へべれけ紀行

綺麗事じゃ済まされないジビエ【鋸南町狩猟エコツアー】(その1~4)

ジビエ料理は大好きだ。イノシシ、鹿は大変好みにあうし、鳩も面白い味だ。以前、「クリスマスジビエナイト」というイベントに参加したことがあるくらいだ。 このイベントの続編として、「カラスを食べる」という、一生のうちに一度ある...
へべれけ紀行

編集後記2021年09月期

セルフ言葉狩り 続編 先月の編集後記で、過去の記事を検索しまくって文章の差し替えや削除を行った、ということを書いた。 先月時点でその作業は終わっているけれど、この問題はまだ僕の中で引っかかりがある。きっと検索から漏...
編集後記

編集後記2021年08月期

負傷しながらの下山【苗場山】 この記事でさんざん書いたとおりで、苗場山は美しい山頂の景色とうらはらに、非常に登りにくい山だった。下山時に足をくじいてひどい目にあったし、もうこりごりだ。 しかし、記事を書くにあたって...
へべれけ紀行

地上の楽園を普段使い【小梨平ソロキャンプ2019】

2018年GW、世にあふれるザラザラした情報の渦から逃げ出したくて、僕は上高地に逃げた。 3泊4日を上高地で過ごし、その間「適度な情報量、適度な楽しみ、適度な運動、適度な選択肢の少なさ、規則正しさ、そして一度上高地に入っ...
へべれけ紀行

近場の無縁だからこそ【甲府滞在記】

冬の風物詩だな。 また、今年の冬もおかでんの調子が優れない。「季節性うつ」なんて病気は患っていないのだけれど、体調と気分、そしてやる気のバランスが冬になると取りづらい。
編集後記

編集後記2021年07月期

森林限界突破の恍惚【日光白根山】 全22話。一泊二日の行程の割には短い連載となった。 このメンツでの旅行なら、もっと和気あいあいと冗談を言い合って山を登っていたはずだ。でも、2年以上前の出来事ともなると、会話のディ...
へべれけ紀行

負傷しながらの下山【苗場山】

9月。登山の2018年シーズンはそろそろ終わりが近づいてきている。もちろん、山なんてのは四季折々に登れるし、シーズンなんて言い出すのが無粋なのはわかっている。でも、「百名山ピークハンター」という蔑称をあえて自虐的に使うくらいの登山しかしな...
へべれけ紀行

今年もまた天災【北海道ハタケ遠足201809】

今年も北海道のハタケを目指す。 渋谷と三軒茶屋にお店を構えるカフェ、「カフエマメヒコ」が持つ農園のお手伝いだ。これまで何度も、そのときの滞在記をこのサイトで記事にしてきた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました