爆発した芸術を散歩する

渋谷パルコ跡地の工事壁

以前は金田がバイクに乗っている絵だけだったのに、久しぶりに横を通ったらAKIRAだらけになっていて、素晴らしい状態に。 いいぞもっとやれ。
胃袋至上主義

羊肉の会#04 アラジンと魔法の羊(その1)

毎月開催っぽくやっている「羊肉の会」、第四回目もファウンダーののっちょさんがお店を見つけてきてくれた。場所は六本木だという。 この人はすげえなあ、一体どこからお店の情報をキャッチしてくるのか。夜な夜な「羊肉 東京 うまい」みたいな...
蕎麦喰い人種行動観察

なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。 西武新宿店

2020年01月22日【店舗数:436】【そば食:724】東京都新宿区百人町 肉南蛮そば 新宿に所要があって会社帰りに立ち寄った。用事を終え、さて帰宅しよう、と思ったが、そういえば今日は別に外食でも構わない日だ。最近、事あるた...
スポンサーリンク
爆発した芸術を散歩する

ニシジマ・アツシ展「Humor Identification 脱力と直観」@ 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery

相変わらず攻めるなあ、Tomio Koyama Gallery。 前衛的、と呼ぶのは安直すぎるのだろう。とはいえ、一般的な美とか快楽とは違う、すごくモヤモヤした作品。
爆発した芸術を散歩する

JFEスチール西日本製鉄所(倉敷地区)工場見学

夏休みの親子見学会なるものがあったので、兄貴家族に紛れ込んで工場見学をさせてもらった。 とにかくアホみたいに広い。製鉄所は広い、というのは知ってはいたが、敷地内をバスで移動するとそのひたすら大きいことに驚くし、ウン...
胃袋至上主義

羊肉の会#03 羊だらけの中華に迷え(その2)

ゴビ砂漠羊スペアリブ、1,680円。 「劉備が愛した」とか「張飛が」とかいろいろ三国志にちなんだ大げさなネーミングを使うお店だけど、「ゴビ砂漠」という地名まで冠してくるとは。もちろん、砂漠に羊は多分住めないので、ゴビ砂漠産の...
胃袋至上主義

羊肉の会#03 羊だらけの中華に迷え(その1)

一応「毎月開催」を謳っていた羊肉の会だけど、さすがに9月は「激辛グルメ駅伝」オフ会が毎週開催されていたので厭戦感が強かった。そのため、一ヶ月素通りして、10月の開催となった。 本来9月は、新大久保にある「羊の背骨を使った鍋」が食べ...
お知らせ

【オフ会】主に羊、あるいは民族料理と#06 ー「焼き羊」というありそうでなかった単語(2020.02.第三週)

せっかくご飯を食べるなら、味もさることながら「おっ!?」という体験が欲しい。羊肉ってやっぱり美味しいよな。でも羊肉って案外食べる機会が少ないよな。オフ会をやろう。ちょっと珍しい料理、特に羊肉を推した会をやっていこう。継続して、定期開催にし...
胃袋至上主義

羊肉の会#02 その名もずばり、「羊肉の会」に潜入する

第一回目の羊肉の会を順調に滑り出した御一行様は、早速次なる「羊肉の会」を模索しはじめた。 というのも、うかうかしていると8月下旬から「激辛グルメ祭り」に便乗した毎週開催オフ企画「激辛グルメ駅伝」が始まってしまうからだ。 ...
胃袋至上主義

羊肉の会#01 モンゴロイドがモンゴル料理を食べるナイト

「 激辛グルメ祭り」やバーベキュー企画のときに参加してくれる、「のっちょ」さんから「羊肉を食べる企画を立ち上げませんか」とLINEで打診があった。聞くと、今まさに羊肉がマイブームなのだという。あれこれ食べたいと熱く語ってらっしゃる。 ...
食い地獄の狭間にて

おかでんさんちの鏡開き2020

令和元年最初の年も暮れる、ということで鏡餅を作ってみることにした。数年ぶりだ。 前回は餅を乾燥させる時間がないまま、撞いて間もない餅をドッキングさせてしまった。そのせいで松の内が終わる頃にはカビだらけになり、年神様を喜ばせる...
食い地獄の狭間にて

おかでんさんちのハロウィン2019

昨日、「おかでんさんちのクリスマス2019」という記事を書いていて、「ああ、せっかくだからハロウィンの食事風景も記事にしておくか」という気になった。備忘録的に残しておく。 旅行記とかの長編連載になると、何かと準備に手間がかかるので、...
思考回路のリボ払い

「おかでん結婚」の余波

皆様、結婚のお祝いメッセージをありがとうございます。 結婚相手は僕が呆れるほどのアクティブな人なので、今後ペアで活躍してそれが記事にできるといいなあ、と思っています。しかし、パートナーが忙しすぎて、なかなか一緒の活躍でき...
タイトルとURLをコピーしました