へべれけ紀行

アワレみ隊とは直接関係ない旅を書きつづったコーナー。

旅に出ると、大抵調子に乗ってお酒を飲み過ぎてしまう性格なので、あえてコーナータイトルを「へべれけ紀行」にしてみた。しかし、2013年にはあれほど好きだったお酒をきっぱりとやめて新しい旅がそこから始まっている。

へべれけ紀行

那須町をふるさとにした【那須湯本温泉】

ふるさと納税の使い道を考えていた。 巷じゃ、やれカニを貰っただの、ブランド牛肉を貰っただのと盛り上がっている。確かに僕も、いろいろ試してみたことがある。返礼品に釣られて寄付を申し込んだというのは事実だけど、聞いたこともない自治体に対...
へべれけ紀行

テンション上がるゥ!激安温泉宿に溺れてみる【塩原温泉ホテルおおるり】

最近、経営に行き詰まった温泉旅館を買い取り、リノベーションした上で格安宿として再生を果たす事例が多い。団体旅行をフォーカスした、昭和時代の大型旅館というのは平成の時代において完全に時代遅れの大艦巨砲主義だ。図体がでかくてコストがかかるし、...
へべれけ紀行

混沌の温泉場【万座温泉日進館】

群馬県の端、草津温泉よりもさらに奥にある万座温泉。僕が大好きな温泉地の一つだ。 嬬恋方面から向かう場合、有料道路を通らなければいけないのは気に入らないが、それを差し引いても素晴らしい温泉保養所だ。周りが山に囲まれ、湯けむりが上がっている景...
へべれけ紀行

お手軽だけど、秘境【徳島・剣山】

中四国地方には、「日本百名山」が3座ある。 鳥取県の伯耆大山(ほうきだいせん)、愛媛県の石鎚山(いしづちさん)、そして徳島県の剣山(つるぎさん)だ。岡山県広島県山口県、という山陽地方には一座もない。
へべれけ紀行

まるでお寺!神秘的な宿に泊まる【新鹿沢温泉】

「温泉療養シリーズ」と称して、月に一度は温泉に行って「あーーーー」と湯船でうなり声を上げる時間を設定してきた。しかし、さすがに毎月毎月というわけにもいかず、しばらく間が空いた。今回、久し振りの温泉旅行。 今更だけど、温泉はいい。 ...
へべれけ紀行

日帰りで行くアメリカ旅行6【ヨコスカフレンドシップデー2018】

今年も、8月第一週の土曜日は横須賀がお祭りの日だ。 夜になると、海では打ち上げ花火があがり、海上自衛隊の基地では基地開きがある。そして、忘れてはいけない、米海軍横須賀基地のフレンドシップデーも開催される。
へべれけ紀行

お願いですから罰してください【のっとれ!松代城2018】

今年も、のっとれ!松代城の季節がやってきた。 5年連続5回目の参加。いい加減やめたら?とは少しも考えたことがない。もう、3月の風物詩として自分の歳時記に組み込まれてしまっている。 イチから「のっと...
へべれけ紀行

食い倒れるのか遭難か【陣場山⇒高尾山縦走】

高尾山は東京を代表する低山だ。東京界隈に住む人で、「山歩きをしてみたい」と思う人は、まず真っ先に高尾山を目指す。そんな場所だ。 僕にとっては、観光客が多すぎてゴチャゴチャしていて、楽しい山だとは思わない。以前高尾山に登ったときの記録が...
へべれけ紀行

日帰りで行くアメリカ旅行5【ヨコスカフレンドシップデー2017】

自分なりの「風物詩」を作る、というのは楽しいことだ。「もうそろそろあの季節がやってくるぞ」と数ヶ月前から身構える、というのは、ワクワク感がかきたてられる。 エアコンの効いた部屋で生活し、仕事をしていると季節感が失われてくる。ご飯だって...
へべれけ紀行

ただいま、わが愛しの山小屋泊【焼岳】

2017年登山シーズンは、昨年果たせなかった「山小屋泊を伴う登山」を敢行するつもりだ。 ただ、「体力がついたら山に行こう」「もう少し体重を絞ってからにしよう」と思っていると、あっという間にシーズンが終わってしまう。昨年は、まさにそうだ...
へべれけ紀行

神社仏閣町歩き、おまけに登山【鎌倉・衣張山】

僕が勤めている会社には山サークルがあり、ごくたまにその活動には参加している。つまり、幽霊会員だ。 登山というのはチーム戦のスポーツではないので、「毎週○曜日に集まって、練習!」なんてことはない。そのため、MLで「今度○○山に行きます。...
へべれけ紀行

もはや観光【のっとれ!松代城2017】

「のっとれ!松代城」について、今更解説をするまでもないだろう。 「越後まつだい冬の陣」という屋外イベントのメインとして競われる、雪中鉄人レース、それが「のっとれ!松代城」。 ここ数年は毎年3月、「...
タイトルとURLをコピーしました