へべれけ紀行

アワレみ隊とは直接関係ない旅を書きつづったコーナー。

旅に出ると、大抵調子に乗ってお酒を飲み過ぎてしまう性格なので、あえてコーナータイトルを「へべれけ紀行」にしてみた。しかし、2013年にはあれほど好きだったお酒をきっぱりとやめて新しい旅がそこから始まっている。

へべれけ紀行

車道国内最高地点を目指せ!レンタサイクルでヒルクライム【乗鞍岳】(その10)

14:20改めてレインウェアを全身身にまとい、位ヶ原山荘の外に出る。山荘の方にお礼を伝え、下山を開始だ。30分くらいの滞在だった。 16時までに自転車を返そうとすると、どう考えても今から登り続けるという選択肢はない。「ワンチ...
へべれけ紀行

車道国内最高地点を目指せ!レンタサイクルでヒルクライム【乗鞍岳】(その9)

13:42位ヶ原山荘の土間の隅には、大きなだるまストーブが設置されていた。今どき、なかなかおめにかからないサイズだ。 なにしろ、上に乗っかっている鉄瓶が小さく見える。こいつだって、人の頭くらいのサイズがある巨大なものなのに。...
へべれけ紀行

車道国内最高地点を目指せ!レンタサイクルでヒルクライム【乗鞍岳】(その1~8)

おかでんの結婚相手となったいし。2019年春に急接近してから2019年12月に結婚式を挙げるまで、猛スピードであれこれをこなしていた。 多分僕自身テンションが高かった時期なんだと思う。そうでないと、このときのアクティブさは説明できな...
へべれけ紀行

結婚決定で天にも昇る気持ち、じゃなくて富士山に登る【富士山登山(富士宮口)】

パートナーのいしとは、付き合う前から「僕とは違う生態系の人だ」と思っていた。それを興味深く観察する、というつもりは全くなかったのだけど、気がついたら「同棲、結婚」という流れになって一番間近でいしを見届ける立場になった。 とにかく、「...
へべれけ紀行

オミクロン禍のターミナルを歩く【羽田空港第3ターミナル】

小さい子供が家にいると、計画的にどこか出かけよう、ということが難しい。おむつが交換できる場所があるか、ベビーカーが通れるかどうか、という都市計画上の問題やお店の構造について気を遣わないといけないし、そもそも子供の体調はすぐに変わる。元気だ...
へべれけ紀行

2020年7月/コロナ時代の甲府で療養する

ネット旅行代理店「じゃらん」から、ビジネスホテル「ドーミーイン」が格安で泊まれるよ!というメールが届いた。 ドーミーインは僕が愛している宿で、都市部で宿泊することがあった際、いくつもあるホテルチェーンの中で最優先に選ばれる宿だ。 ...
へべれけ紀行

のっとれ!2020残念会

2014年から毎年参戦している、新潟県十日町市の「雪中鉄人レース・のっとれ!松代城」。さすがに毎年欠かさず参加していると、だんだんダレてくるものだけど、2020年もエントリーをしっかり済ませた。 たっぴぃさんが「高所恐怖症なので、改...
へべれけ紀行

戦場の癒やしは温泉【日光湯元キャンプ・戦場ヶ原縦走】

いしとの関係が急速に深まっていった2019年。「ご近所のメシ食べ歩き仲間」という関係性から4月に我が家に出入りするようになってからが全力疾走だった。7月に初めての二人の旅行として上高地キャンプ。今思うと、初回の旅行で上高地、しかもキャンプ...
へべれけ紀行

吊尾根の下の、一つ屋根の下で【上高地デュオキャンプ2019】

2019年は僕にとって人生最大の転機となった1年だった。 のちに結婚相手となる「いし」と関係が一気に縮まり、そのまま全力疾走で結婚にまで至る1年だったからだ。
へべれけ紀行

地上の楽園を普段使い【小梨平ソロキャンプ2019】

2018年GW、世にあふれるザラザラした情報の渦から逃げ出したくて、僕は上高地に逃げた。 3泊4日を上高地で過ごし、その間「適度な情報量、適度な楽しみ、適度な運動、適度な選択肢の少なさ、規則正しさ、そして一度上高地に入っ...
へべれけ紀行

ハワイからグアムへ、遠島の刑は移ろう【のっとれ!松代城2019】

のっとれ!松代城に初参加したのが2014年。それから毎年欠かさず参加しているので、かれこれ6年連続の参加となる。「遠島の刑に処されるまでは、執念で参加し続ける」と高らかに宣言していた僕らだけど、いい加減一区切りつけてもいいんじゃないかとい...
へべれけ紀行

綺麗事じゃ済まされないジビエ【鋸南町狩猟エコツアー】

ジビエ料理は大好きだ。イノシシ、鹿は大変好みにあうし、鳩も面白い味だ。以前、「クリスマスジビエナイト」というイベントに参加したことがあるくらいだ。 このイベントの続編として、「カラスを食べる」という、一生のうちに一度ある...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました