へべれけ紀行

へべれけ紀行

屯田兵になった【北海道ハタケ仕事2】

「カフエ マメヒコ」が北海道・千歳市に構える有機栽培畑のお手伝いシリーズ第二回。 第一回目は5月に行われ、種まきや手竹のセッティングなどが行われた。 このハタケ遠足はこの年にあと2回行われ、7月に雑草除去、9月に収穫が予...
へべれけ紀行

屯田兵になろう【北海道ハタケ仕事1】

2013年、僕が39歳のとき、あれほどまでに愛したお酒をきっぱりやめてしまったため、生活ががらりと変わってしまった。性格さえも、変わったくらいだ。 40歳の節目が目前なんだから、新しい自分を見つけなくちゃ!という義務感・・・というか強...
へべれけ紀行

2,000人の右往左往【メガ鬼ごっこ】

「メガ鬼ごっこ」・・・その大げさな名前を耳にしたのは今年の春先だっただろうか。その珍妙な名前に一瞬にして目を奪われ、そして心奪われた。 鬼ごっこというのはもちろん子供の頃によくやった遊びだ。なじみは、人並には持っている。しかし、「メガ...
へべれけ紀行

名古屋なめ尽くしオフ【名古屋】

「アワレみ隊OnTheWeb」のオフ会として開かれた忘年会の席でのこと。そのときは北海道に本店があるジンギスカン屋で羊肉を食べまくっていたのだけど、これがめっぽう美味かった。そんな美味い肉を食べていたとき、参加者の一人であるまゆみさんが ...
へべれけ紀行

マンゴーラッシー+タピオカ@yelo

六本木に出来たばかりのかき氷専門店。 早くもマスコミが取り上げたりしており、夏になると行列必至の予感。なので早めに訪れておくことにした。
へべれけ紀行

松坂屋上野店

リニューアルしたばかりの松坂屋。 目玉は、食料品売り場である「ほっぺタウン」。 さすがに最新だけあり、意欲的な店が並ぶ。
へべれけ紀行

特別展「医は仁術」@東京国立科学博物館

わかりやすく言うと、杉田玄白らの「解体新書」的な話と展示。 江戸時代の解剖図などが多数展示されている。
へべれけ紀行

スイーツ購入@ドンレミーアウトレット

コンビニなどで売られているデザートがアウトレットとして格安で売られているよ、と教えてもらい、訪れたお店。 種類豊富。めっさ安い。
へべれけ紀行

広重ブルー ー世界を魅了した青@太田記念美術館

昨年8月からアホみたいに美術館&アートギャラリー巡りを始めた僕だが、一番訪問回数が多いのはこの太田記念美術館。 ひとつひとつの展覧会の会期が短いから、というのと、イベント告知系のwebサイトで紹介記事をよく見かけるからだ。 ...
へべれけ紀行

重力がいざなうのです【奥多摩トレックリング2】

2013年10月、おかでんと10ヶ月の乳児を背負ったママさんとの二人で奥多摩を自転車で疾走した記憶はとても強く残っている。(当時の記録はこちら) 長い長い下り坂を、重力に引っ張られる快感。そしてそれが数秒といった短時間でなく、数分、な...
へべれけ紀行

褒美の希望は島流し【のっとれ!松代城2014】

「のっとれ!松代城」 ・・・その奇妙な名前を知ったのは、登山でお世話になっている先輩のFacebookだった。今年は参加ができなくて残念、という投稿だったのだが、あまりに奇抜なイベント名だったので「ああそうですか」と見過ごせなかった。...
へべれけ紀行

ワカサギ釣らずに豚を喰う【松原湖ワカサギ釣り】

2014年01月26日(日) 以前アワレみ隊で、群馬県は赤城大沼でワカサギ釣りをやったことがある。 氷の上での釣り体験は非日常感抜群で、そりゃあ印象深いものだった。ここで「楽しかった」と言わないで含みを持たせた表現を使ったの...
へべれけ紀行

徹夜でゲットだ縁結び【川越氷川神社縁結び玉】

占いとかご利益とか、大して信じちゃいない。「パワースポット」なんて言葉はむしろ嫌いな部類だ。 でも、「人々の思い」が長年寄せ集まってきているという歴史と文化には敬意を払っている。だから、お遍路に行ったし、高尾山で滝に打たれたりもしてい...
へべれけ紀行

ダウンヒルに焦がれて。【奥多摩トレックリング1】

自転車で下り坂を疾走する。こんなに身近で、気持ちが良いことはなかなかないものだ。 この快楽に気が付いたのは早く、すでに幼稚園の頃には自覚していたと思う。ゴーという風を切る音とともに、肌に感じる冷たい空気、そしてペダルをこがなくても前へ...
へべれけ紀行

慣れない団体山歩き【西沢渓谷】

一人で山に登るのは気軽で良いものだ。思い立った日に突撃できるし、他人にペースをあわせなくていい。山は一歩間違えば死に直結する場所だ。だから、同行者のリスク管理までこっちが背負うのは、はっきりいって相当面倒なことだ。 しかし、仲間とわあ...
へべれけ紀行

横浜中華三昧【カップヌードルミュージアム】

横浜みなとみらいに、日清食品が運営する「カップヌードルミュージアム」ができたのが2011年。連日大賑わいで、予約がないと厳しいという話をちらほら聞いていた。僕も一般的な日本人として、カップヌードルに親しんできた半生を送っている。だからこの手...