へべれけ紀行

へべれけ紀行

テンション上がるゥ!激安温泉宿に溺れてみる【塩原温泉ホテルおおるり】

最近、経営に行き詰まった温泉旅館を買い取り、リノベーションした上で格安宿として再生を果たす事例が多い。団体旅行をフォーカスした、昭和時代の大型旅館というのは平成の時代において完全に時代遅れの大艦巨砲主義だ。図体がでかくてコストがかかるし、...
へべれけ紀行

終バスまでに下れ【両神山】

2016年における僕は、6月の筑波山から始まって8月に石鎚山を登った。 今年の目標は、山小屋一泊の山行ができるようになること。そのためにステップを踏んできたが、夏山シーズンが終わり秋の訪れを感じる今、まだちょっと体力的...
へべれけ紀行

鎖と階段でできた山【石鎚山】

2016年の登山シーズンは、6月に筑波山を登頂することで幕を開けた。 この後しばらくは梅雨のシーズンとなり、様子見だ。天気が安定するまで登山は控えておこう、なんて考えているうちに、夏が過ぎ気がついたら秋の虫がリーンリーンと鳴く...
へべれけ紀行

混沌の温泉場【万座温泉日進館】

群馬県の端、草津温泉よりもさらに奥にある万座温泉。僕が大好きな温泉地の一つだ。 嬬恋方面から向かう場合、有料道路を通らなければいけないのは気に入らないが、それを差し引いても素晴らしい温泉保養所だ。周りが山に囲まれ、湯けむりが上がっている景...
へべれけ紀行

日帰りで行くアメリカ旅行4【ヨコスカフレンドシップデー2016】

毎年、僕の「夏の風物詩」となっているヨコスカフレンドシップデー。米海軍横須賀基地の基地開きだ。 2013年から通い始めて過去3回。今年も、当然のように訪れる予定だ。 日本にいるのに、まるっきりアメリカとい...
へべれけ紀行

まるでお寺!神秘的な宿に泊まる【新鹿沢温泉】

「温泉療養シリーズ」と称して、月に一度は温泉に行って「あーーーー」と湯船でうなり声を上げる時間を設定してきた。しかし、さすがに毎月毎月というわけにもいかず、しばらく間が空いた。今回、久し振りの温泉旅行。 今更だけど、温泉はいい。
へべれけ紀行

交通機関、使いませんか?【筑波山リターン】

2015年は全く山に足を向けることがなかった。温泉療養ひとり旅シリーズがすっかり気に入ってしまい、癒しのために毎月のように温泉旅行に出かけていたからだ。くりゃんくりゃんに体をほぐす。それこそ自分にとってのジャスティスであり、ストレス社会を生...
へべれけ紀行

林間学校の思ひ出【日光・足尾】

日光は僕にとって、ありふれた場所だ。 もちろん、路地裏まで精通しているわけではないし、肝心の日光東照宮に至っては、「拝観料がもったいない」という理由で未だにお目にかかったことがない。 とはいえ、過去に何度も訪問していて目新しさが...
へべれけ紀行

憧れの遠島の刑【のっとれ!松代城2016】

「越後まつだい冬の陣 のっとれ!松代城」。このふざけた名前のイベントには過去2回参加してきた。2014年は2名、2015年は4名の仲間と一緒に松代城を乗っ取り、高らかに勝ちどきをあげたものだ。 公式ページにはこのイベントをこう解説して...
へべれけ紀行

草津山麓オウム鳴く【草津温泉ふるさと納税】

ふるさと納税の仕組みを使って、群馬県は草津町に寄付を行った。草津には何度もお世話になっているし、今後も温泉環境を守ってもらいたかったからだ。 とはいえ、最近草津には行ってないなぁ。昔、車を持っていた頃は、「週末、暇だな」と思ったらふら...
へべれけ紀行

ガリガリ君のお風呂に浸かる【箱根小涌園ユネッサン】

箱根には、2015年の5月、訪れている。「温泉療養」のつもりが、すっかり観光、しかも誰にも申し開きができないレベルでのド定番観光を見事に敢行している。 ここまでやってりゃ、しばらくは箱根方面に行くことはない、と思っていた。箱根...
へべれけ紀行

温泉に浸かってブルブル【中ノ沢温泉】

以前から気になっていた温泉地がある。 それは、福島県にある「中ノ沢温泉」という。 場所としては、安達太良山の西側で、裏磐梯エリアにある。
タイトルとURLをコピーしました