爆発した芸術を散歩する

2013年から始まった、東京を中心とした美術館と博物館の訪問記。

「頭でっかちな、相手をマウントするためのアート知識」ではなく、「アートに理解がある俺、カッケー」という自己陶酔型でもない。無知なまま、あらゆるジャンルのアートを見て回った際の備忘録。

数多くの美術を見れば、なにか自分が新しいステージに向かえるのではないか?。。。と夢想したものの、煩悩は解きほぐされないまま今に至る。

爆発した芸術を散歩する

イサム・ノグチ 発見の道@東京都美術館

新型コロナウイルスの関係で、美術館・博物館は開館していたり臨時閉館していたり、ややこしい。臨時閉館に伴って当初予定より会期延長、というトリッキーな展開もある。事前に入念に公式webサイトを確認し、今どこで何の展示をやっていて、それが何時か...
爆発した芸術を散歩する

小村雪岱スタイル@三井記念美術館

この日3軒目となる美術館。 3軒すべて時間指定の入館予約を入れているので、3軒目ともなると時間が押してくる。 三井記念美術館は、もともと素っ気ない開館時間の施設だけど、この日は16時閉館。コロナということで営業時間を短...
爆発した芸術を散歩する

Steps Ahead : 新収蔵作品展示@アーティゾン美術館

元「ブリヂストン博物館」。八重洲のブリジストン本社ビルが取り壊され、新しくピカピカなビルに建て直されるのにあわせて「アーティゾン美術館」という謎な名前の施設に様変わりした。 パルチザン(他国の軍隊による占領や、自国の独裁政権...
爆発した芸術を散歩する

柏原由佳「1:1」@POLA MUSEUM ANNEX

いきなりだが、この日の昼食。 ランチビュッフェのお店に行ってきた。 テレワークが続き、会社に行かなくて済むのは非常に楽になった。しかし、むしろ仕事量が増えたのは驚くべき事実だった。「テレワーク中心の業務スタイルになると...
爆発した芸術を散歩する

佐藤可士和展@国立新美術館

日本を代表するデザイナー、佐藤可士和とそのデザイン事務所「サムライ」が手掛けたクリエイティブデザインの展覧会が国立新美術館で開催されているので、行ってきた。 国立新美術館は、新進の若手作家にフォーカスを当てた展覧会を毎年開催...
爆発した芸術を散歩する

トランスレーションズ展 −『わかりあえなさ』をわかりあおう@21_21 DESIGN SIGHT

情報学研究者のドミニク・チェン氏がキュレーションする、展覧会。 会場入口で、ドミニク・チェン自らが映像作品として登場している。喋っている言葉は、ドミニク・チェンらしく多言語だ。しかし、それが文節単位で言語が切り替わるのではな...
爆発した芸術を散歩する

美を結ぶ。美をひらく。 美の交流が生んだ6つの物語@サントリー美術館

展覧会の開始時期が当初予定より遅くなったり、中止になったり、今やっている展示の期間延長があったり。コロナ時代の美術展は大変だ。 インターネット隆盛の時代だからこそ、最新の状況を把握しながら展覧会に足を運ぶことができるけれど、...
爆発した芸術を散歩する

第31回 NHK学園生涯学習写真展@FUJIFILM SQUARE

NHK学園における、通信制教育または座学で写真講座を学んだ受講生による展覧会。優秀作品が展示されているというけれど、その数370点と膨大だ。 素人写真だからとかプロの写真だとか、そういう違いはよくわからない。写真1点だけ見て...
爆発した芸術を散歩する

FUJIFILM GFX/Xシリーズ 新製品「GFX100S」「X-E4」「XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR」 発表記念作品展@FUJIFILM SQUARE

2021年2月25日に新型のラージフォーマットデジタルカメラ「GFX100S」発売記念として、新型カメラで撮影された写真が写真展の形で公開されていた。 1億200万画素。中版ラージフォーマットならではの画素数だけど、そこまで...
爆発した芸術を散歩する

ここに人間味あふれる写真家がいます。 秋山亮二「津軽・聊爾(りょうじ)先生行状記」@FUJIFILM SQUARE

1975年~1977年を青森県の津軽にて過ごした、写真家・秋山亮二の作品群。新聞社の津軽支局駐在員が、地元のニュースを本社に送る、という仮想の設定で撮影されたものだという。 ありふれた日常の写真がたくさん並んでいるけれど、ど...
タイトルとURLをコピーしました