爆発した芸術を散歩する

2013年から始まった、東京を中心とした美術館と博物館の訪問記。

「頭でっかちな、相手をマウントするためのアート知識」ではなく、「アートに理解がある俺、カッケー」という自己陶酔型でもない。無知なまま、あらゆるジャンルのアートを見て回った際の備忘録。

数多くの美術を見れば、なにか自分が新しいステージに向かえるのではないか?。。。と夢想したものの、煩悩は解きほぐされないまま今に至る。

爆発した芸術を散歩する

アルチンボルド展@国立西洋美術館

野菜や果物、生き物などを組み合わせて人の顔を作る、「だまし絵」的な作品で有名なアルチンボルドの大規模な展覧会。 会場入り口のところに、記念撮影用のスペースがあり、順番待ちの行列ができている。2010年代の展覧会におけ...
爆発した芸術を散歩する

特別展「深海2017~最深研究でせまる”生命”と”地球”~」@国立科学博物館

NHKスペシャルで放送された「深海」を実際に目に見える形で展示している。 夏休みシーズンにぶつけてくる、ということは国立科学博物館としては自信作なのだろう。
爆発した芸術を散歩する

「第11回 shiseido art egg」展 沖潤子展<刺繍>@資生堂ギャラリー

昔はガッチガチに都内の展覧会情報を調べ、綿密にスケジュールを立てて動き回っていたものだ。しかし最近はすっかり情報調査がおろそかになっていて、聞いたこともないような小規模ギャラリーに踏み込むようなことは少なくなった。定番ともいえるギ...
スポンサーリンク
爆発した芸術を散歩する

「ATM tempo I/II/III セロニアス・モンクに捧ぐ」エマニュエル・ソーニエ展@銀座エルメス フォーラム。

19時前の銀座5丁目・6丁目界隈を歩いてみると、案外楽しいものだと気が付いた。 すらっとしてびっくりするくらい綺麗な女性が、颯爽とタクシーから降りてくる。どうやら、この界隈のクラブのホステスさんなのだろう。
爆発した芸術を散歩する

アートイルミネーション 和のあかり☓百段階段2017

目黒に、「目黒雅叙園」という豪華絢爛なホテル&結婚式場がある。 その豪華さというか、ケバさについては特に有名で、見る人を圧倒するというより呆れさせるレベルだという。
爆発した芸術を散歩する

NIPPONの47人 2017 これからの暮らしかた – Off-Grid Life -@d47 museum

エコとかいうのは、人類が取り組まなくちゃいけない大事なテーマだと思う。 しかし、エコを推進することの「ダサさ」もある。 これはエコ推進者の身から出たサビで、エコロジーに気を配っている私ってサイコーーーー!っていう鼻持ちならさ...
爆発した芸術を散歩する

日本の家 1945年以降の建築と暮らし@国立近代美術館

建築関係の展覧会はとても面白い、というのをこれまで何度となく言ってきたが、残念ながら建築をテーマとした常設の博物館・美術館は少ない。あっても床面積が小さかったりする。 おそらくニーズが少ないんだと思う。 チマチマした...
爆発した芸術を散歩する

総合開館20周年記念 ダヤニータ・シン インドの大きな家の美術館@東京都写真美術館

ニューデリー出身の写真家。 うーん、特にコメントはないんだが、インド人って彫りが深い顔をしているので、白黒写真映えがすばらしいな、と思った。
爆発した芸術を散歩する

総合開館20周年記念 TOPコレクション 「いま、ここにいる」平成をスクロールする 春期@東京都写真美術館

2017年6月15日木曜日 16:00 UTC+09 あー、苦手なやつやー。 恐らく、多くの「特に写真展には縁が無いです」という人が抱くであろう困惑を今回も感じた。 「いま、ここにいる」という展覧会名のとおり、何気ない町の...
タイトルとURLをコピーしました