爆発した芸術を散歩する

爆発した芸術を散歩する

特別展「江戸からたどるマンガの旅~鳥羽絵・ポンチ・漫画~」@ 千代田区立日比谷図書文化館

日本の漫画の由来を探ると、大抵錦絵とか浮世絵という話になるが、古くは鳥獣戯画とか、洛中洛外図とかも漫画的である。 今回の展示は、「鳥羽絵」からスタートして、日本の漫画的技法の進化の過程をたどっている。
爆発した芸術を散歩する

ギンザ・グラフィック・ギャラリー第355回企画展 ノザイナー かたちと理由@ギンザ・グラフィック・ギャラリー

「分かる」ということは、「分ける」に由来している・・・ということで、扇風機を分解して陳列し、「これは●●のための装置」と解説している展示とか、「動物の進化が枝分かれしていったみたいに、科学技術の枝分かれを模型展示とともに図示する...
爆発した芸術を散歩する

アートセンター・アズ・ワールド・シチズン@トーキョーワンダーサイト本郷

たまたま通りすがったTWS本郷で、展示があったので覗いてみた。 がらんとしたスペースに、模造紙のような紙に記事が書かれ、壁にクリップ止めされているだけ。 ところこどころ、インタビュー動画を上映する小...
スポンサーリンク
爆発した芸術を散歩する

特別展「松島 瑞巌寺と伊達政宗」@三井記念美術館

会期末が迫っていた「アートアクアリウム」を見るために日本橋まで行ったのだけど、大行列の入場待ちに嫌気が差して入場断念 。残念だけど、あまのじゃくな性格なので「人がウハウハ言ってるものには追随したくない」気持ちが強い。だからむ...
爆発した芸術を散歩する

宇宙と芸術展@森美術館

宇宙という題材はいろいろな可能性があり、さぞや面白いアプローチがあるだろう・・・と期待していた。 しかし、キュレーターがフォーカスを絞り切れなかったらしく、ピンぼけしまくりな展示内容。どうした森美術館?というレベル。
爆発した芸術を散歩する

後藤靖香展 「モディリアーニの古釘」@六本木ヒルズA/Dギャラリー

後藤靖香は、つい先日まで森美術館で開催されていた「六本木クロッシング2016展 -僕の身体、あなたの声-」で大きなスペースを与えられ展示されていたので印象的だ。 いや、名前なんて全然覚えていなかったのだけど、この絵柄はいっ...
爆発した芸術を散歩する

聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画@国立西洋美術館

国立西洋美術館が世界遺産になった直後は長蛇の列だったけど、今はさすがに落ち着いて元の風景に戻っている。 内容がよくわからないまま、「なんかやってる」というだけの理由でこの美術館を訪れてみた。
爆発した芸術を散歩する

古代ギリシャ -時空を超えた旅-@東京国立博物館

紀元前の作品、というのをこれまであちこちで見てきて、その都度「それに比べて日本は縄文式土器だからなあ」と我が国の文化との対比をしたものだ。 今回、紀元前3,000年とかいう作品を見て、ただただ唖然とするしかない。
爆発した芸術を散歩する

ポンピドゥー・センター傑作展@東京都美術館

フランスのポンピドゥー・センターが収蔵する名品をいろいろ紹介している。 絵だけでなく、映像、彫刻、果ては音楽まであって展示がすごいカッコいい。
爆発した芸術を散歩する

おかえり、フジタ―《舞踏会の前》で藤田嗣治と出会う@大原美術館

レオナールフジタの作品が2年間だかの修復期間を経て、大原美術館に帰ってきた・・・ということで大々的に展覧会をやっている。 とはいっても、常設展示の最後にこの作品が1点飾ってあるだけで、特にフジタの作品や関連する作家の作品が企...
爆発した芸術を散歩する

大妖怪展@江戸東京博物館

日本古来から、絵や伝承の題材となってきた妖怪を取り上げる展覧会。 妖怪ウォッチに至るまで、という言い方で宣伝をしていたためか、子供連れの親子がとても多い。
爆発した芸術を散歩する

バンダイミュージアム

玩具メーカー「バンダイ」によるおもちゃの博物館。 バンダイ製品に限らず、他社製品も含めておもちゃの陳列がたくさんある。
爆発した芸術を散歩する

有元伸也 写真展「TOKYO CIRCULATION」@ZEN FOTO GALLARY

東京の風景、人物の白黒写真。 白黒写真なんて過去のものですよ、カラー技術がない前近代の代物ですよ・・・とは到底言えない。
タイトルとURLをコピーしました