爆発した芸術を散歩する

爆発した芸術を散歩する

磯崎新 12×5=60@ワタリウム美術館

建築家・磯崎新の思考を支えている、建築の周辺系のことについて取り上げた展示。 磯崎新といえば、先日記者クラブでザハ・ハディドの国立競技場案について「考え直した方がいい」と公開討論を仕掛けた人でもある。
爆発した芸術を散歩する

IN SITU-1@エスパス ルイ・ヴィトン

表参道ルイ・ヴィトンの7階にある、温室のようなガラス張りスペース。 白い骨組みと、広いガラス張り。ガラスの向こうには冬の青空。
爆発した芸術を散歩する

ザハ・ハディド@東京オペラシティアートギャラリー

2019年に完成予定となる、新国立競技場のデザインを担当したイラン人建築家ザハ・ハディドの軌跡をたどる展示。 曲線うねうねだけでなく、直線もややこしく交差するデザイン。
爆発した芸術を散歩する

東郷青児〈超現実派の散歩〉と収蔵品選@東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

東郷青児の絵は結構好きだ。 あのデフォルメされた形、くっきりとした輪郭だけどぬめっとした肌感があったりする不思議な世界、そして明確な色。
爆発した芸術を散歩する

フジタ、夢をみる手@ポーラミュージアム アネックス

レオナール・フジタの個展。 以前Bunkamuraで展示されていたものも一部こちらで見ることができた。
爆発した芸術を散歩する

アントワーヌ・ダカタ写真展 Black Rain@ライカギャラリー

一つの額装の中に、64分割、いやもっと分割された状態で小さな写真が並ぶ。 パラパラ漫画のようだ。
爆発した芸術を散歩する

歌舞伎ファンを世界に 「歌舞伎は旅する大使館」展@歌舞伎座ギャラリー

2014年夏の平成中村座NY公演の様子を中心に、歌舞伎が世界で公演される際にまつわるエトセトラを紹介する展示。 「海外のメディアなどでも激賞されました」的な話もいいけど、現地の人たちに理解してもらうための工夫とか、演出の仕方と...
爆発した芸術を散歩する

荒木経惟 往生写集 -東ノ空 PARADISE@資生堂ギャラリー

アラーキーの写真は、以前表参道で「だらしなくたるんだ裸体をさらすオバハンたち」ばっかり激写しまくってる写真展を見たのが強く印象に残っている。 ああ、現実はこうなんだと、妙に感心したものだ。
爆発した芸術を散歩する

ヒカリ展 光のふしぎ、未知の輝きに迫る!@国立科学博物館

興味が持てなくて、つまらなさそうに足早に歩く子供たち。 「待って○○ちゃん!見て見て、オーロラが見えるよ!」と子供を呼び止める親。
爆発した芸術を散歩する

ボストン美術館 ミレー展 ー傑作の数々と画家の真実@三菱一号館美術館

丸の内の一角にある、古い建物を改築した美術館。 今回初訪問。
爆発した芸術を散歩する

地球の音楽展@無印良品有楽町店

無印良品の店内BGMを紹介する展覧会・・・というのでいってみた。 各地の伝統音楽を使った、「音楽の無印」を追求しているらしい。
爆発した芸術を散歩する

舘鼻則孝展@8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery

レディ・ガガの靴を作っている人の展示。 1985年生まれだというから、まだものすごく若い。