食い地獄の狭間にて

食べ物に関して日々考えていること、でき事、お店訪問記など。

食べ物に関する話題であっても、掘り下げてあれこれ試行錯誤したりする長編は「胃袋至上主義宣言」に掲載。こちらのコーナーでは、単発で食べ物の話題をライトに取り扱う短編集となる。

食い地獄の狭間にて

コストコお買い物祭り

コストコで買い物をする機会はだいたい四半期に一度の頻度であるのだけど、自家消費を前提とした品物選びと、仲間内でのシェア前提だ。 そのため、「こいつァシェアするのは難しいな」というものは買わないし、「すぐに食べないと傷んでし...
食い地獄の狭間にて

森のビアガーデン

神宮外苑に、夏季期間だけ現れる鉄板焼きバーベキュービアガーデン。 4,200円(男性)、3,900円(女性)という手ごろな値段だし、肉をガンガン焼けるということで、ぜひ訪れたい場所。
食い地獄の狭間にて

Pujaでベンガル料理

ベンガルってなんだろう。聞いたことがあるような、ないような。 インド料理店であるのは間違いないのだけど。
スポンサーリンク
食い地獄の狭間にて

地元のうまいもん共有会<おらが選んだ夏土産2017>

お盆前後に帰省した人を中心に、地元のうまいもんを持ち寄って共有する会。 12名が集まり、酒を酌み交わしながら地元自慢。
食い地獄の狭間にて

おかでんさんちの鏡開き2020

令和元年最初の年も暮れる、ということで鏡餅を作ってみることにした。数年ぶりだ。 前回は餅を乾燥させる時間がないまま、撞いて間もない餅をドッキングさせてしまった。そのせいで松の内が終わる頃にはカビだらけになり、年神様を喜ばせる...
食い地獄の狭間にて

おかでんさんちのクリスマス2019

おかでん家のクリスマス。 新婚、ということをことさら強調するつもりは全くないのだけど、「夫婦」で過ごす初めてのクリスマスということになる。 ひねくれものの僕はクリスマスという「商業イベント」に加担する気は全くなく、むし...
食い地獄の狭間にて

濃いボジョレー・ヌーボーという存在

文京区は千駄木に、「ケープルヴィル」という写真館がある。 1階がカフェで、2階が古民家の風合いを活かした写真スタジオになっている、こじんまりとしたお店だ。
食い地獄の狭間にて

おかでんさんちのハロウィン2019

昨日、「おかでんさんちのクリスマス2019」という記事を書いていて、「ああ、せっかくだからハロウィンの食事風景も記事にしておくか」という気になった。備忘録的に残しておく。 旅行記とかの長編連載になると、何かと準備に手間がかかるので、...
食い地獄の狭間にて

「山椒七味パン」を思いがけず作ってしまった

ときどき、ホームベーカリーでパンを焼いている。「買ったはいいけど、いずれ飽きて放置される」ということが多いというホームベーカリーだけど、我が家ではしぶとく使われ続けている。 この日も、ホームベーカリーでパンを焼くことにした。翌日の朝...
食い地獄の狭間にて

青山のカフェ、「カフェ キツネ」は隠れ家的なワクワク感があるのだ

平日夜、青山に用事があったので会社帰りでそのまま表参道に向かった。 所要まで少し時間があったし、同行する人との待ち合わせもあったので、東京メトロ表参道駅近辺で手ごろなカフェを探してみた。 そこで見つけたのがこのお店。「...
食い地獄の狭間にて

カメラをぶら下げ美味しい横浜【横浜市中央卸売市場から中華街へ】

昨年12月から、本格的にカメラの勉強をするようになった。有料のセミナーを受講したり、カタログを読んだりしている。というのも、これまでコンパクトデジタルカメラを20年近く、台数にして20台近く使ってきたけど、ようやく今回ミラーレス一眼カメラ...
タイトルとURLをコピーしました