食い地獄の狭間にて

食い地獄の狭間にて

いつの間にか「ガチ中華」という言葉が市民権を得ているようだ

5月12日、テレビ東京の経済ニュース番組「ワールドビジネスサテライト」を見ていて驚いた。 「ガチ中華」という言葉がニュースの中で出てきたからだ。
食い地獄の狭間にて

作り置きだからといって舐めちゃいけない、「ラッコズニューヨークスタイルピザ」で大きなピザを頬張って満足

東京都北区王子。京浜東北線の駅がある場所だ。 この駅の近くにあるピザ屋に、久々に訪問してみた。ちょうど王子に用事があったからだ。
食い地獄の狭間にて

「おしゃれ」とカレー

カレーうどんの名店として「古奈屋(こなや)」というのが東京の巣鴨にある、というのは昔から知っていた。 牛乳を含んだマイルドなカレーで、大人気のお店だ。今じゃ、スーパーのチルド食品コーナーに古奈屋監修のカレーうどんが売られてい...
食い地獄の狭間にて

業務スーパーで見つけた、見慣れないノンアルコールビール「Burgbrau」を飲む

明らかに退屈していた こうまで・・・退屈だなんて・・・・ と、漫画「刃牙道」のセリフを引用してしまうくらい、僕はノンアルコールビールを淡々と平凡に飲んでいる。ひたすらアサヒのドライゼロを、だ。
食い地獄の狭間にて

ビリヤニってすっかり市民権を得たものだな

上野駅の改札内にあるインド料理店でビリヤニを食べた。 改札の内側にインド料理店がある、ということにまずは驚くが、東京界隈ならば改札の中であってもいろいろなお店が存在する。品川駅なら、居酒屋さえも存在するくらいだ。
食い地獄の狭間にて

ラーメン二郎がテレビで特集されると聞いたので、それより前に三田本店に行った

フジテレビの深夜ドキュメンタリー番組「NONFIX」で、ラーメン二郎の創業者・山田拓美氏の特集が組まれるという情報をキャッチした。 その情報を知り、僕は軽い驚きを覚えるとともに、とても嬉しく思った。ラーメン二郎好きだから、で...
食い地獄の狭間にて

いちごの中身が白くないものもある、ということを知る

ふるさと納税で福岡県産あまおうを返礼品としていただいた。 もともと僕は果物を殆ど食べないので、こういうのはパートナー・いしが喜ぶ姿を見たいから頼んでいる。実際、いしはこのあまおうを見て、嬉しさのあまりバレリーナのようにその場...
食い地獄の狭間にて

おでんと大学芋が同時に売られているお店

こんなお店があった。 左が「江戸うすくちおでん」のお店、右が「東京の大学いも」のお店。 看板は別だけど、同じ店名だし厨房はつながっている。
食い地獄の狭間にて

中国火鍋のお店「海底労火鍋」がすごすぎてクラクラ来たという話

上野広小路にある飲食店「梅の花」に弁当の受取のためにでかけたときのことだ。 5階にある「梅の花」に向かっていく途中、同じエレベーターに中国系と思われる二人組が乗り合わせていたのだが、彼らは3階でおりていった。
食い地獄の狭間にて

近所の何気ないお店の、さりげないメニューがこれ

家の近所のお店。さりげなく入ってなんとなく頼むと、こんな料理が出てくる。 四川料理の牛肉水煮。
食い地獄の狭間にて

テレワークの合間はやっぱりガツンと二郎系じゃなくっちゃね!と思うのは心底身体に悪いと思う

テレワーク主体の仕事に切り替わって、もう2年が経過した。自分の社会人経験はそれなりに長いけれど、それでも「2年」が持つ重みというのは結構なものだ。 ちょうど会社ではオフィスのリノベーション話が出てきているのだけど、「我々はなぜ出社す...
食い地獄の狭間にて

今年もあんこうの季節がやって参りました(遅い)

那珂湊遠征のメインは、あんこうを買ってくることだ。 あんこうは東京でも買えないことはないけど、現地で買ったほうが随分と安い。もちろん、車代や所要時間を考えると完全に高いんだけど、旅行ついでに安くあんこうを買えた、と思えば安い...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました