食い地獄の狭間にて

食い地獄の狭間にて

油だらけの火鍋にビビる

「あれっ、こんなところに」と町中で突然発見することがあるのが、中国人が営む、中国食材のお店だ。大抵お店は小さく、地味な作りになっていて、見落としがちだ。で、ある日ハッとその存在に気づき、驚くという。 驚くからといって、「じゃあ中に入っ...
食い地獄の狭間にて

イエ・カラセット

六本木ヒルズをさまよっていると、テラスでイベントをやっていた。 角ハイボールを手ににっこりと微笑む井川遥のポスターがたくさんぶら下がっている。 なんだ、ここでもハイボールガーデンをやっているのか。 東京タワーの下で...
食い地獄の狭間にて

全国ご当地かき氷食べ比べ

僕がお酒をやめて以降、甘いものを食べるようになった。これまでは、甘い食べ物はおろか甘い飲み物もほとんど口にしないくらいだったので、その変わりようは極端だ。なにしろ、おすそ分けでお菓子などをもらっても、食べずに腐らせてしまうくらい、甘...
スポンサーリンク
食い地獄の狭間にて

春菊とパクチーのサラダを作る

「GreenFarm水耕栽培の記録」で書いた、「リビングで野菜の水耕栽培」第二弾。 第一弾は「ジェンティリナグリーン」という、サニーレタス系の野菜を育て、一ヶ月でワサワサと育った。で、それをモサモサとひたすら食べ続けた。 ...
食い地獄の狭間にて

見ろ!これがリアルな四川料理だ

上野といえば、どうしても美術館や動物園がある公園側や、アメ横がある南側に目が行きがちだ。台東区役所がある東側、または東北方面というのはあまり知られていないゾーンとなる。 商業ビルが立ち並ぶエリアだと思いきや、案外飲食店があったり、...
食い地獄の狭間にて

スパイシーフードネットワーク

ある日の夜、御徒町のモンベルストアに用事があったその帰り道。 大きな通りを歩くのもつまらないので、敢えて車通りが少ない路地を歩いていた。すると、偶然見つけたのがこのお店。「スパイシーフードネットワーク」。
食い地獄の狭間にて

うなぎ売りに誘われて

19時過ぎ、上野アメ横を歩く。 いつも昼間の激しい人ごみを見ているので、夜になって一息ついたアメ横は少しだけ見慣れない光景だった。 気が付くと、通り沿いには中華料理の屋台やらケバブ屋台が増え、オリエンタルな雰囲気が出てき...
食い地獄の狭間にて

激辛ナッツ&あられ

真っ黒い袋がスーパーのワゴンに山積みになっていた。なんだろう、と思って近づくと、「DEATH MIX」と書いてある。こえー。ホラー映画みたいなタイトルだし、フォントもなんか怖い。 どうやら「激辛ナッツ&あられ」らしい。なんだ大...
食い地獄の狭間にて

今日は唐揚げまくる日

なんかガツンと肉食いてぇなあ、という気分だった。「食べたい」なんて表現は生ぬるい。「食う」、もっといえば「食いてぇなあ」と汚い表現を使いたいくらい、がっつきたかった。かきこみたかった。血沸き肉踊る体験がしたかった。 かといって、ステー...
食い地獄の狭間にて

そのままの牛乳

最近、ネットを賑わせている、スーパー「ライフ」のPB商品「そのままの牛乳」を買ってみた。 900mlで、お値段299円(税別)。 スーパーで売る牛乳としてはかなり高い。牧場や観光地で売っている牛乳と比べればまだ安いけれど...
食い地獄の狭間にて

GreenFarm水耕栽培の記録

台湾製ロボット掃除機に続いて、おかでん春の散財シリーズ。 今年の3月は今後に向けて随分と資産整理を行い、数百万円単位でお金がA銀行からB銀行、C証券・・・と動いていった。右から左へ動かしただけなのでお金が増えたわけじゃないんだけど、扱...
食い地獄の狭間にて

奇をてらった料理は果たして旨いのか

洋食屋の店頭に、「白いオムライスあります」という張り紙が張ってあった。 敢えてそれはスルーしてきた。そうはいくか、と。 オムライスは玉子を使うから、黄色い。これは自然の摂理だ。それを敢えて白くないオムライスにする、という...
タイトルとURLをコピーしました