[ヘッドライン] 不毛な議論

※2002年春から夏にかけて存在していた「ニュースヘッドライン」コーナーの記事を再掲しています。

2002/05/18(土)  23:53:58
■「毛染め法廷論争」、ドイツ首相に軍配上がる2002.05.18(リンク先現存せず)

よく、政治家が収賄容疑や愛人疑惑を雑誌にすっぱ抜かれた時に「名誉毀損だ!」と訴訟を起こすことがある。現に、日本だって今自民党の山崎拓氏が「変態と記事に書かれたのは名誉毀損だ」と訴訟を起こし、訴えられた文春側も「変態ではないという証拠を示せ!」と逆提訴するなど非常に香ばしい泥沼状態になっている次第なんである。

さて、今回はドイツのシュレーダー首相の事件で、どうやらDDP通信が「(首相は)髪の毛を染めなければ、もっと信頼できそう」とかいう女性スタイリストの記事を掲載したのに憤慨したらしい。日本だったらおすぎあたりがバラエティ番組で言いそうな事だけど、シュレーダー首相はどうも我慢ならんかったらしい。で、訴訟を起こして勝訴、と。毛染めって、ドイツじゃそんなに隠蔽したい事なんだろうか?

しかし、レベルが低いといえばレベル低いよな。そんなので法廷使って、国の税金使って争っている時点で。日本を見ろ、性的嗜好で訴訟なんだから。次元が違うよ、次元が・・・って、こっちの方がよっぽどレベル低いか?