お気に入りはガサガサ音

子供はビニール袋のガサガサいう音を好む、という話は子育て関係の情報を調べるとよく載っている。

本当かな?と疑いながらも、子供が泣いているときにガサガサ鳴らしてみたけど大して効果がない。

人それぞれなんだろう、弊息子は違うんだろうと理解し、そのままにしていた。しかし子供がある程度ウロチョロできるようになってくると、改めてこのガサガサ音が好まれることを知った。

別にビニールでなくてもいい。紙でもいい。ただ、紙だとガサガサやったのちにかじって、唾液で溶かして破片を口の中に入れてしまうので危ない。むしろビニールのほうが安全だ。かぶって窒息しないように、買い物袋は渡せないけれど。

おそらく、自分がわさわさと手を動かしたことに対し、派手な音が返ってくるという「因果関係」が彼にとっては興味深いのだろう。微細な動きやダイナミックな動き、それぞれで音の大きさや音質が変わる。

ボタンを押したらアンパンマンの音楽が流れる、みたいな楽器のおもちゃにはさほど興味を示さない。彼にとっては単調に感じるのかもしれない。または、ボタン1つ押すだけでメロディが延々流れるということをよく理解できていないのかもしれない。

うん、それでいいと思う。なにかよくわからないブラックボックス化されたものを好むよりも、原因と結果がわかるものをどんどん身につけていってほしい。

(2022.01.19)

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました