うちわをあおぐということは、案外テクニックがいるのかもしれない

暑い暑いとうちわをあおいでいたら、弊息子タケが僕のうちわを奪い取り、バタバタやりはじめた。

たどたどしいけど、なんとなくあおげている。ただ、一体なにに向かって仰いでいるのかが謎で、「仰いでいる真似」をしているだけだ。むしろ、手を動かすことによって自分が暑くなる。

この動作を見ていると、うちわをあおぐという行為は手首のスナップと、急停止と急加速が必要な動作で高度なことなんだな、と気づく。子どもが家族の一員になってから、「あ、これは案外難しいことなんだ」という動作や思考、お作法の発見がある。

で、肝心のタケだけど、適当に親のマネをしてうちわを振っていたが、途中で飽きたのでうちわを投げ出した。そりゃそうだ、涼しくなるわけでもないし、なんのご褒美もない動作だからな。

(2022.07.06)

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください