掃除機を使いたがるけど、掃除がしたいわけではない

弊息子タケは、スプーンとフォークを使ってご飯を食べるようになった。親が「あーん」とやらなくても食べる。

ただし、盛大に食べ物を落とす。

ベビースタイを使ったけど大変嫌がられて断念、散髪用のケープを使ったけどケープが生臭くなって衛生面でヤバそうなので断念となり、今ではノーガードになっている。その分、ボロボロと食べ物が床に落ちる。

なにしろ、彼は「食べるものを適量スプーンですくい上げる」ということができない。スプーンですくい上げたもの、その量の大小を問わず、口に押し込む。その結果、入り切らなかったものがボロボロ落ちる。

食後、ご飯まみれになった服は上下ともに交換だ。毎食、そうなる。そして、床掃除も必須だ。

床におちた食べかすをいきなり掃除機で吸うと、掃除機が臭くなる。なので、一旦目に見えるものは全部手作業で広い、その後掃除機をかける。大変な手間だ。スタイを使ってくれれば楽なんだけどなぁ。

で、掃除機を使っていると、お腹いっぱいになって満足しているタケが「僕も!」とばかりに掃除機を奪いにくる。

お父さんがなにか楽しそうなことをやってる!ずるい!と思っているらしい。しかも、なにか面白げな「ゴー」という音が鳴っているし。

「自分で汚した床は自分で掃除しなさい」

とタケに諭し、掃除機を託す。でも、彼は単に親の真似をしたかっただけであり、掃除をする気は全くない。なので、適当に何度か掃除機を往復させたのち、飽きてガシャーンと床に落とす。

やめてくれ!下の階から苦情が来る!

なお、これは2022年7月時点の話。ここから2ヶ月後、相変わらず盛大にご飯を落とすのは変わりない。でも、掃除しそびれて残ったご飯粒を見つけては、「ドウゾー」と言いながら親のところに持ってくるようになった。成長、というか、それだったらご飯を落とさないでくれ。

(2022.07.10)

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください