越えずに潜る

障害物があった場合の、子どもの成長に伴う行動の変化

(1)障害物に行き当たると立ち往生する

(2)障害物を避ける(水平移動)

(3)障害物を乗り越える(垂直移動-上)

そして今はというと、

(4)障害物を潜る(垂直移動-下)

のステータスになっている。「潜る」ということがどうやら楽しいらしい。見ていて微笑ましい。

短い足で無理やり乗り越えようとすると、転倒するかもしれないのでそばにぴったり寄り添っていないといけない。その点、「くぐり抜ける」というのはちょっと気が楽だ。頭をゴチンとぶつけるかもしれないけど、怪我をするほどではないし。

こうやって油断していると、いずれ

(5)障害物を破壊する

という段階になるのかもしれない。公共物でそれをやられるとまずいので、また親の警戒レベルを高めていかないといけない。

(2022.07.30)

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください