図書館で本を借りるとき

弊息子タケを図書館に連れていき、本を選ばせる。

彼は本棚から本を持ってくるのだけれど、それは「これが読みたい!」という意味ではなく、「たまたま目についた」本で、「自分が持ち歩いて楽しいサイズと重さ」のもの、というだけだ。

二足歩行になって半年ちょっと、今彼は「何かを持ち歩く」ことを楽しんでいる。本もそう。

これはちょっと難易度が高すぎるだろう、という本を次々持ってきては、すぐにぷいっといなくなるので親としては困る。いちいち本を棚に返さないといけないから。

「おい、これ、どこから持ってきた本だ?」

と困惑する。

(2022.08.24)

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください