どんどん上に避難していく

弊息子タケの行動範囲が水平方向にほぼ行き尽くしたら、今度は垂直方向に発展している真っ最中。

身長が伸びたことにより視界が広がり、これまで見えていなかった棚や机の上まで興味の範疇になった。加えて手も長くなったので、実際に気になったものにちょっかいを出しやすくなった。

彼が行動範囲を広げるたびに、親はジリジリと追い詰められ、荷物を上へ上へと逃していく。

その一例。

下の棚は下手に物を置くとタケに蹂躙されるので空っぽだ。上の棚にものが退避し、ごちゃごちゃしている。

さらに、ファブリーズのようにイタズラされたらまずいものは最上段に逃がしてある。

こんな場所にファブリーズを置いていても使う機会がないのだけれど、家中を逃げ惑った結果今はこの場所にある。じきにここからも移動させなくちゃいけなくなる。

(2022.09.11)

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください