踏み台を別の場所で使いこなす

弊息子タケの洗面台利用のために買った踏み台。

最近、タケはこの踏み台を頻繁に洗面所から持ち出し、自由自在にあちこちによじ登るようになってきた。

これまで彼の身長+アルファ程度を「危険区域」とし、僕ら親は日用品で危険になりうるものを退避させてきた。しかし、踏み台が登場すると、俄然危険区域の範囲が広がる。もう、棚の上なんて十分彼のターゲットだ。

しかも、踏み台を使ってダイニングチェアに登り、そこからさらに次のターゲットを狙うので、油断ならない。

幸い、ダイニングテーブルというのは「乗ってはいけないもの」という教えが行き届いて、この上によじのぼろうとはしない。しかし、性善説に立っていては危険だ。いつ彼がダイニングテーブルの上によじ登るかわからない。そうなると、天井から吊り下がっているペンダントライトでさえ危険だ。体重を乗せて引っ張られてちぎれることだってあるかもしれない。

(2022.09.01)

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください