紙袋を持ちたがる

弊息子タケが、やたらと紙袋を持ち歩きたがるようになった。

人間という生き物は、二足歩行が十分できるようになったら、次は「空いた手でものを運びたい」という欲望が湧いてくるらしい。

僕の姪も、2歳前後の頃は両手一杯に紙の手提げ袋をぶら下げ、得意満面で家中を練り歩いていた。なので、子どもというのはそういう成長過程を経ていくのだろう。

紙袋が大きいので、ズルズルと地面を引きずる。破れて中身が零れ落ちそうなので見ていて不安だけど、本人は全然気にせず、右へ左へと動き回っている。

しまいには、片手では物足りなくなってきて、反対の手でも別の紙袋を持つようになった。セールで買い物をした人みたいだった。

(2022.09.19)

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください