親と子の、3Dいたちごっこ

洗面所用の子ども用踏み台が、すっかりモバイルデバイスになっている。

軽いので、弊息子タケは家じゅうのあちこちに持ち運び、踏み台に上り、そこから新世界の開拓に余念がない。これまで手が届かなかった棚やカウンターの上にある「何か」をゲットする。

彼が苦労してゲットしようとするものを、僕らは無情にも先回りして取り上げてしまう。彼の好奇心の赴くままに、好きに触らせてあげたいのはやまやまだ。でも、危ない。あと、触られたら困るものもいっぱいある(重要な書類とか、本とか)。

親と子の3Dいたちごっこはまだ続く。

(2022.09.27)

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください