ロボテックな時代に備えておくべきか

俺は見た!ファミレスで、ドリンクバーから持ってきたジュースを500mlのペットボトルに移し替えている女子高生を。

さて問題です、これは犯罪でしょうか、それとも許容範囲でしょうか。

まあ、「犯罪」ってほど大げさなもんじゃないとは思うけど、お店側からしてみりゃ勘弁してほしい、ってのがあるだろうな。

さて追加で問題です。胃袋がすごく大きい人が、がぶがぶとドリンクバーからジュースを飲みました。これは問題でしょうか、それとも許容範囲でしょうか。

答えは当然、許容範囲、だな。女子高生がペットボトルで持ち帰った分よりはるかに多く飲んだとしても、「人間の体の中に入っていた」ものについてはオッケーらしい。要するに、なんやかんや言ってもいまだにこういう「食べ放題」とか「飲み放題」ってのは「人体至上主義」なわけだ。胃袋に納める分はいくらでもご自由にどうぞ、でも重箱とか水筒とか、そういう外部の容器に入れて持ち帰っちゃダメよ、と。

じゃ、今後人間がサイボーグ化されるような時代が来たら、どうなんだろう。「食べ放題・飲み放題3000円!(ただし、消化器系を機械化されている方は除きます)」なんて表示になるんだろうか。それとも、「人間は人間だから・・・差別はいかんよ差別は」と、サイボーグにわっさわっさと食い尽くされるのをじっと見守るしかないのだろうか。

来るべき将来、人類は大きな選択を迫られるようになるのか!?




ソーシャルリンク

広告