ニセ料理『風』

料理名に「風」というコトバがつけば、婉曲に「僕は偽物ですよ」といってる事に他ならない。「風」を意訳すると、さしずめ「○○みたいな」「○○を意識した」ということになるのだろう。決してポジティブな意味じゃない。

そんな事で、広島人は地元のお好み焼きの事を「『広島風』お好み焼き」と表現される事を嫌う人がいる。お好み焼き=関西のものであり、広島はあくまでも亜流、というニュアンスにとれるからだろう。

ま、そういう急進的な人はそれほど多くないが、広島のお好み焼きの事を「モダン焼き」などと言う人がいれば、確実に広島人から総すかんをくらうことになる。ましてや、「広島焼き」と言われると「お好み焼きであることを否定された」と解釈されるので要注意だ。

気をつけよう、広島人は広島を離れても地元に拘るから。

ソーシャルリンク