ようこそ極東の野蛮国へ

昔住んでいた所沢には、俗世間にまみれた「かーねるさんだーす」さんが居た。

いつもは、おなじみの白いスーツを着てにこやかに店頭に佇んでいる。これ、全国共通。クリスマスのシーズンになると、真っ赤な服を着てサンタクロースに化けている。まあ、これも珍しくはない。

しかし、地元球団の西武ライオンズが優勝した翌日、ふと見るとカーネルさんが「ライオンズ」と染め抜かれた青いハッピを着ているではないか。カ、カーネルさん・・・確か、貴方って日本とは縁もゆかりもないケンタッキー出身ではなかったですか?

極めつけは、何の記念日でもないっていう時にニンジャの格好をさせられていた。遠くから見ると、全身黒ずくめでニンジャのくせに目立つ目立つ。一体何のPRなんだ、これは。ご丁寧に、ステッキを持つ手には手裏剣まで張り付けてあるし。

カーネルさん、世界展開っていうのはえてしてこういう「ローカルルール」に従わざるを得ないんですね。たとえ本人が不本意であっても。ご愁傷様です。




ソーシャルリンク

広告