人材多層構造

今、受講している「キャリアプラン研修」(これがココロの内面をいじられまくってイタいことイタいこと。鬱になってます)で、講師のセンセイが面白いことを言ってた。

人材というのは、実際には5段階あります。

人財 (本当に価値があって、宝のような人) 4%

人材 (会社のため、社会のために役立つ人) 16%

人在 (そこに居るだけの人。あまり役には立たない) 60%

人済 (用済みの人。はっきりいって邪魔) 16%

人罪 (存在そのものが周囲に悪影響を及ぼす人) 4%

「人罪」「人済」が企業ではリストラ対象になるんですが、この人達を追い出しても、結局残った人の中でまた再配置が行われて、人済や人罪が前と同じパーセント発生してしまいます。

だってさ。さて貴方はどこに位置する人だろうか?

え?僕ですか?僕は・・・「人でなし」かなあ。イヒヒヒヒ。

(2001.10.02)

ソーシャルリンク