[ヘッドライン] ゲムリエって何ぞや

※2002年春から夏にかけて存在していた「ニュースヘッドライン」コーナーの記事を再掲しています。

■「ゲームのソムリエ育てます」・サファリが資格認定試験(リンク先現存せず)

不況の世の中、手に職が無いとなかなか就職も厳しい・・・だからかどうか知らないが、とんでもない資格検定試験を打ち出した。その名も「ゲムリエ」。認定基準は、「ゲームソフトまたはゲーム機に関する詳しい知識を持ち、第三者に対して適切な商品説明や購入アドバイスができること」だって。そんな資格を持っていて、一体誰が喜ぶんだ。資格マニアで、かつゲームマニアの人が「趣味と実益を兼ねとる!」とヨロコンで受験するだけのような気がする。

大体、毎月膨大な数が発売になっているゲームソフトをどうやって把握するのやら。資格検定試験を受けた時にゲームに詳しくたって、その1カ月後、2カ月後にもなるとすぐにその知識は陳腐化する。毎月、資格更新のための追試をしないととてもじゃないが意味を成さない検定ですな。

その前に根本的な質問だ。ゲームを買うのに店員に相談する人っているか?せいぜい、「たくさん将棋ゲームがあるんですけど・・・一番強いのって、どれです?」程度ではないだろうか。それだったら、わざわざこんな資格はいらない。

近年稀にみるしょーもない資格だけど、「手に職を付ける」ためではなくって「ゲームマニアの腕試し」的な遊びだったら、成り立つような気がする。友達同士で点数を競い合うとか。でも、それだったら受験料3800円は高すぎる・・・もうちょっとお金を足して、ゲームソフト1本買った方がよっぽどゲームに詳しくなれるし。

(2002.04.23)

ソーシャルリンク