[ヘッドライン] 少子化時代の流行

※2002年春から夏にかけて存在していた「ニュースヘッドライン」コーナーの記事を再掲しています。

■15歳未満人口、先進国最低の14.3%(リンク先現存せず)

本当に子供が少なくなってきたって事を如実に表す数字。

若い人が少なくなるとどうなるか。年金や健康保険が破綻するというのはよくニュースで取り上げられる話題だが、それ以外にもいろいろあると思う。

まず、性風俗産業が衰退していくな。ブティックホテルの減少、アダルトビデオの売上減。風俗店は、本番系のものは流行らず、性感マッサージなどが生き残るだろう。

塾や私立学校が淘汰されるのは当然だけど、自動車学校も苦しくなってくる。「うちはNSXで教習をやります」とか「卒業後1年間は無事故補償付き」とか差別化を図るところが出てくるだろう。

児童公園のブランコは子供が遊ばなくなり、社会生活に疲れたおじさんが一人でキコキコさせているだけの「鬱製造マシーン」となってしまい、撤去が相次ぐ。

七五三のお祝いをやっている神社も、少子化が進み参拝客が減少したため、だんだん対象年齢を増やしていき、気がついたら「十五十三十一九七五三」になっていたりする。その分、千歳飴も長くなってしまい、ついに1mを越える。

ディズニーキャラのような「可愛い」系の人気が徐々に薄れてきてしまい、時代は「渋い」キャラクターへ。柳生十兵衛とか坂上田村麻呂に人気が集まる。

・・・なんて世の中になってもおかしくないです、ほんと。

2002/05/04(土)  23:09:19

ソーシャルリンク