[ヘッドライン] 駅前ならぬサイド3留学

※2002年春から夏にかけて存在していた「ニュースヘッドライン」コーナーの記事を再掲しています。

2002/05/21(火)  20:36:50
■ビジネス英語はシャアに学べ(リンク先現存せず)

最近、PCのタイピングソフトがありとあらゆる種類出ているので、見ていて飽きない。あしたのジョー、機動戦士ガンダム、北斗の拳、ルパン3世、頭文字D・・・。なるほど、お気に入りのアニメキャラを相手にタイピング練習すれば、さぞやモチベーションは上がることだろう。

僕は、ただそうして感心して終わっていたんだけど、ビジネスは横展開してナンボやね。なんと、機動戦士ガンダムを題材にした英語学習コンテンツが登場したというではないか。なるほど、その手があったか!

auの携帯電話向けサービス「ezmovie」限定のサービスというのがちと残念つーか激しく残念なんだけど、動画でガンダムの名場面を見せつつ、その時のせりふを英語で表記するという仕組み。

「Have you forgotten who you’re talking to?」(私を誰だと思っているのだ?)。ご存じ、ホワイトベースを追撃するムサイ艦隊・ドレンの「ついて来れますか?」に対するシャアの返答である。

なんて見せられたら、ガンダムファン(に限って)はたまらんものがあるです。(´Д`;)ハアハア

しかし、ガンダムファン以外は「何じゃそれ」という内容だろうし、そもそもこの程度の動画と英語では、学力向上はほとんどあり得ないと思われる。でも、ガンダムだったら何でも許せるというコアなファン層がいる限り、この手のビジネスは常に成功しつづけるんである。

どーせだったら、初代ガンダムを全編英語に吹き替えて英会話教材としてリリースしてもらいたいものだが・・・声優の選定でコアファンからクレームが殺到しそうで、実現は困難か。

ソーシャルリンク