[ヘッドライン]アワレみ給へ

※2002年春から夏にかけて存在していた「ニュースヘッドライン」コーナーの記事を再掲しています。

2002/06/15(土)  21:35:54
■ドッキリ番組で人間の“死体”発見 カップルが訴訟(リンク先現存せず)

アメリカMTVが制作するどっきりカメラ番組が、訴えられている。何でも、「血だらけの死体(もちろん偽物)」を発見した人の慌てふためく様を隠し撮りしていたらしい。そりゃ訴えられるわ、いくら「いやー、あれはジョークですよ、ジョーク」って後で種明かししたって、ターゲットにされた人の精神的ショックはトラウマにだってなりかねない。日本のどっきりカメラの定番「ゴリラがでたぞ」みたいに、単に驚かせるというのとはワケが違う。ネタのさじ加減を間違えてしまったということか。

どっきりカメラ的な映像作品は、おかでんも過去に2作品ほど作った事があるけど、このさじ加減の難しさってのは常につきまとっていた。映像としては、相手がオーバーなアクションをすればするほどわかりやすく愉快なものに仕上がるんだけど、「オーバーなアクション」をねらえばねらうほど、過激な仕掛けを施してしまうことになる。結局、おかでん達が作った作品は、「見知らぬ人に、いきなり『結婚してください、好きなんです』と花束を渡し、そのまま逃げる」とかしょーもないネタになったけど。