ケーブルを巡る攻防

日々探検範囲拡大中の弊子息が、ついにリビングからもっとも遠い仕事部屋兼寝室までやってきた。

電動昇降式デスクまわりはケーブルがいっぱい。

「引っ張り放題エリア」だとタケは大興奮だが、こちらは「待って!ちょっとそこはダメー!」とあわてて引き剥がすことになる。

基本的に子供の行動範囲では、壁にある電源コンセントから給電するのは諦めないといけない。ケーブルは子供の大好物。そして大人にとっては生命線。

むしろ、タケは「自分がケーブルを引っ張ることで、親が真剣に構ってくれる」ということで喜びを見出している気配さえある。チラッチラッとこっちを見て、「引っ張るよ?ねえ、引っ張るよ?」と顔色を伺っているようだ。

ここで僕が「興味ないよ、好きにするといいよ」とそっぽを向いていたらどうなるだろう?・・・と思って、ぐっとこらえて無視を決め込んでみた。すると、やっぱりケーブルを引っ張り、周囲のパソコンやら電灯やらをがっしゃーんとひっくり返してしまった。結局引っ張るんかい。

(2021.12.28)

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました