生クリームと、カルピスと、寒天でソフトクリーム風のものを作る

離乳食あれこれ作成中。

そろそろ大詰めに差し掛かってきて、「生クリーム」をクリアする必要が出てきた。

豆乳で作った生クリーム風のものは既にお試し済みだけど、本物の生クリームはまだだ。乳脂肪分が高いので、小さな子どもにとって内蔵に負担がかかる、と聞いているからだ。

さてどうしよう。ショートケーキを作るのは芸がない。何か別のものを作りたい。

そこで作ったのがこれ。ソフトクリーム風の見た目だけど、全然違う。

ホイップした生クリームにカルピスを混ぜ、そこに寒天を入れ、絞り器で絞ったものだ。むしろ冷凍庫に入れて固めてしまうと、味が落ちる。冷蔵保存が正解。

食べてみると、まあ、材料そのまんまだ。「濃いめ」を売りにしている、ちょっとお値段高めのカルピスの味。そりゃそうか。

特別うまいというわけではない。労力の割に大して美味しくならなかったのは残念。なにせ100円ショップで買ったホイッパーが全然泡立たず、疲労困憊してしまった。俺の時間と体力を返せ事案。

とはいえ、飲み物をコップから飲むのがまだ下手な弊息子タケにとっては、こういう固形の方が摂取しやすい。しっかりとカルピスも、生クリームも、そして先日みかん缶詰で失敗した寒天も、これで一気に挽回できた。

なお、タケは「食べ慣れない食感と味だぞ!?」ということでしかめっ面をしていた。子どもながらに、見慣れないものに対しては警戒感と嫌悪感を示すところがすごい。

(2022.02.26)

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください