自炊

自分で料理を作ることの喜びと限界。

オカ・デウス

丼ごといっちゃう

弊息子にご飯を与えているが、まだまだスプーンの使い方は下手だ。 スプーンそのものは持てるようになってきたのだけれど、スプーンでカシカシとお皿をこすっても、おかずはすくえない。左手でお皿を押さえつつ、右手のスプーンでグッと料理...
オカ・デウス

子どもの成長が嬉しくて、まるでおままごとのように料理を並べてしまう

ある日の食卓。 弊息子タケ用のご飯が、いつの間にか6皿になっていた。 別にこのサイトの記事にしようとネタで料理を並べたわけじゃない。こういう食事が、いつの間にか我が家では頻繁に出るようになっていた。
食い地獄の狭間にて

今年もあんこうの季節がやって参りました(遅い)

那珂湊遠征のメインは、あんこうを買ってくることだ。 あんこうは東京でも買えないことはないけど、現地で買ったほうが随分と安い。もちろん、車代や所要時間を考えると完全に高いんだけど、旅行ついでに安くあんこうを買えた、と思えば安い...
食い地獄の狭間にて

メヒカリを唐揚げにして食べる

那珂湊で仕入れたメヒカリを唐揚げにした。 大きな目をした深海魚で、茨城沖で穫れることで知られている。なので、瀬戸内海沿岸で育った僕にとっては大人になるまで縁遠かった魚だ。
オカ・デウス

子どもが一歳を超えたので黒糖蒸しパンを焼く

弊息子が4月から転園する保育園は、「予め家庭で食べさせておいてくださいね食材リスト」が膨大だ。このリストによって随分苦労している話はこれまで何度も書いてきた。 それでも、リストは順調にこなし、残りは僅かになってきた。
オカ・デウス

カキフライはまだ早い

実家から冷凍カキフライが送られてきた。 特にお祝いごとがあったわけじゃないけれど、良いカキフライが手に入ったから、という理由だそうだ。広島出身だと、こういうふとしたきっかけで牡蠣が手に入ることがある。
食い地獄の狭間にて

久しぶりにジャリコを作る

きっかけは忘れたけど、久々に有楽町のスパゲティ店「ジャポネ」の看板料理、「ジャリコ」を作ってみたくなった。 やっぱりこういうジャンクな食べ物をドスッと食べたくなるのは、理詰めじゃない。衝動的なものだ。
オカ・デウス

生クリームと、カルピスと、寒天でソフトクリーム風のものを作る

離乳食あれこれ作成中。 そろそろ大詰めに差し掛かってきて、「生クリーム」をクリアする必要が出てきた。
オカ・デウス

みかん缶詰を寒天で固めてみたら失敗した

離乳食で新規食材をグイグイ挑戦中。 果物類は最後のほうにとっておいたのだけど、そろそろ大詰め。「みかん缶詰」と「寒天」を一挙に食べてもらうことにした。
食い地獄の狭間にて

宮城県名取市からせり鍋の返礼を受ける

我が家のふるさと納税は、だいたい「予算:1自治体につき10,000円」で全国各地の食べ物を返礼品としてお願いしている。 昔は8万円寄付してmont-bellで使える金券を入手したり、6万円寄付して温泉旅館一泊2食付きの旅行券を頂いた...
オカ・デウス

新たなる離乳食リストが届く

離乳食を始めたのは生後6ヶ月目くらいで、のんびりペースで進めてきた。しかし、忙しいいしに変わって僕が離乳食を担当するようになってから、急に全力疾走で食の種類を増やしている。 というのも、保育園から渡されている「これを自宅食べてきてく...
オカ・デウス

カレーのインド様

猛烈な勢いで離乳食を作っては食べさせ、弊息子を観察してアレルギーの有無と本人の拒否反応を伺う日々。一度に複数食材をクリアできる料理を思いついたときの僕はウキウキだ。 ミキサーでドロドロにして食べさせるのはご法度なので、あれこ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました