自炊

自分で料理を作ることの喜びと限界。

へべれけ紀行

閉鎖病棟・上高地【小梨平ソロキャンプ2018】(その13)

06:32キャンプ場内のトイレは、朝早くにも関わらず清掃が入っていた。早い!公共トイレとしては日本有数の早朝掃除ではなかろうか。 キャンプ場、というか森の中のトイレの場合、扉をしっかりと閉めておかないと蛾などの虫がバンバン入...
へべれけ紀行

閉鎖病棟・上高地【小梨平ソロキャンプ2018】(その12)

19:20この時間にして寝る体制に入る。 日が暮れて間もないけれど、じっとしていたらテントの中でも寒い。想定では、21時から22時ころまではゆったりと本を読んで過ごすつもりだった。もちろんまだ寝るつもりはないけれど、ひとまず...
へべれけ紀行

閉鎖病棟・上高地【小梨平ソロキャンプ2018】(その11)

17:46本日の戦利品。さっき売店で買ってきたものだ。 改めて写真で見てみると、何を買っているんだ自分は?と思う。 ノンアルコールビール4本というのがまず買い物としてなかなかなものだけど、それに柿の種、バニラアイス、そ...
へべれけ紀行

閉鎖病棟・上高地【小梨平ソロキャンプ2018】(その10)

受付のところに貼ってあった、上高地エリアの「ランチ喫茶案内図」。2017年バージョンだけど、2018年の今年もたぶんだいたい一緒だろう。 これを見ると、どこの施設がランチ営業をやっていて、ざっくりどういうメニューがあるのかが...
へべれけ紀行

閉鎖病棟・上高地【小梨平ソロキャンプ2018】(その1~9)

自分のやっていること全てにプレッシャーを感じ、謎の追い込まれ感に見舞われることがときどきある。 ここでも何度か話をしてきたが、どんな些細なことでも、マルチタスクな作業が発生するとものすごく焦ってストレスになる。
食い地獄の狭間にて

自宅で珈琲焙煎(ガスコンロ+電動メカ編)

コーヒー豆の焙煎は、僕の日常にすっかり組み込まれている。一度自家焙煎を初めてしまうと、今更市販の焙煎済み珈琲豆には戻れない。値段が相当違うからだ。 僕の人件費と、光熱費を考えると市販よりもきっと割高だ。でも、楽しんでやれているので人...
食い地獄の狭間にて

おかでんさんちの年末年始2020

新型コロナウイルスの影響で、今年は帰省もせず静かな年末となった。 実家に帰省しない正月は、いつ以来だろう?殆ど記憶にないくらい、僕の年末年始は実家だ。 はっきりと記憶に残っている、僕が実家に帰省しなかった年末は1996年だ。年...
蕎麦喰い人種行動観察

自作手打ち蕎麦(24)

2020年12月31日【店舗数:—】【そば食:734】東京都某所 ゲソ天蕎麦 2020年の年末は、新型コロナウイルスの影響で帰省が吹っ飛んだ。いろいろ影響があったけど、その最たるものが「あれ?年越し蕎麦、どうしよう?」というも...
食い地獄の狭間にて

ペタという単位に打ちのめされる【ペヤング・ペタマックス】

まるか食品が販売しているソース焼きそば、「ペヤング」は日本を代表するカップ焼きそばだ。どこのコンビニに行っても売られている。そんなメジャーな存在がなせる技か、ときおり奇抜な商品を発売して、マニアたちの度肝を抜くことがある。 「激辛」...
食い地獄の狭間にて

2020年4月/自宅でやってみよう

2020年春。新型コロナウイルスは世界中に大流行し、各都市はロックダウンし経済活動は停滞した。僕が住む東京もご多分に漏れず「自粛」が要請されたわけだが、この「自粛」という言葉の曖昧さと、「空気を読め」という雰囲気がどうにも好きにはなれない...
タイトルとURLをコピーしました