自炊

食い地獄の狭間にて

おかでんさんちの鏡開き2020

令和元年最初の年も暮れる、ということで鏡餅を作ってみることにした。数年ぶりだ。 前回は餅を乾燥させる時間がないまま、撞いて間もない餅をドッキングさせてしまった。そのせいで松の内が終わる頃にはカビだらけになり、年神様を喜ばせる...
蕎麦喰い人種行動観察

自作手打ち蕎麦(23)

2019年12月31日【店舗数:—】【そば食:723】岡山県某所 鴨南蛮 2019年年末、今年も蕎麦打ちの時期がやってきた。 1ヶ月足らず前には結婚という人生の一大イベントがあったばかりで、今回はパートナーに蕎麦...
食い地獄の狭間にて

おかでんさんちのクリスマス2019

おかでん家のクリスマス。 新婚、ということをことさら強調するつもりは全くないのだけど、「夫婦」で過ごす初めてのクリスマスということになる。 ひねくれものの僕はクリスマスという「商業イベント」に加担する気は全くなく、むし...
食い地獄の狭間にて

おかでんさんちのハロウィン2019

昨日、「おかでんさんちのクリスマス2019」という記事を書いていて、「ああ、せっかくだからハロウィンの食事風景も記事にしておくか」という気になった。備忘録的に残しておく。 旅行記とかの長編連載になると、何かと準備に手間がかかるので、...
食い地獄の狭間にて

「山椒七味パン」を思いがけず作ってしまった

ときどき、ホームベーカリーでパンを焼いている。「買ったはいいけど、いずれ飽きて放置される」ということが多いというホームベーカリーだけど、我が家ではしぶとく使われ続けている。 この日も、ホームベーカリーでパンを焼くことにした。翌日の朝...
へべれけ紀行

地上の楽園を普段使い【小梨平ソロキャンプ2019】

2018年GW、世にあふれるザラザラした情報の渦から逃げ出したくて、僕は上高地に逃げた。 3泊4日を上高地で過ごし、その間「適度な情報量、適度な楽しみ、適度な運動、適度な選択肢の少なさ、規則正しさ、そして一度上高地に入っ...
食い地獄の狭間にて

ついに珈琲豆の自家焙煎に手を染める

コーヒーの世界は奥が深い。 変なところにこだわりを持つ性格の僕にとって、むしろコーヒーは危険だ。奥が深すぎるからだ。凝りだすと、際限がない。
蕎麦喰い人種行動観察

自作手打ち蕎麦(22)

2018年12月31日 【店舗数:—】【そば食:713】 岡山県某所 鴨南蛮 2018年も年末、ということで今年も年越し蕎麦を打つ。 今年、蕎麦を打ったのはゼロ回。つまり、年に一度しか蕎麦を打っていない。前回は、201...
思考回路のリボ払い

俺は見た-022

「定食」の定義 とんかつ定食ではなく、「カツライス定食」なのは何故か?と数分間議論になった。 2016年7月24日
へべれけ紀行

閉鎖病棟・上高地【小梨平ソロキャンプ2018】

自分のやっていること全てにプレッシャーを感じ、謎の追い込まれ感に見舞われることがときどきある。 ここでも何度か話をしてきたが、どんな些細なことでも、マルチタスクな作業が発生するとものすごく焦ってストレスになる。
タイトルとURLをコピーしました