公園のコンクリート遊具は面白い

先日、「カバの形をした滑り台」の話をしたが、それ以外にもコンクリート製の謎の遊具というのは案外あちこちにあるものだな。

あわせて読みたい
児童公園は一点ものの遊具がいっぱいある(特に滑り台) 弊息子タケを保育園からゲットしたあと、帰宅途中に児童公園に立ち寄る日々。 最近、モンテッソーリ教育の本を読んでいる。子どもには「敏感期」と呼ばれる時期があり、...

公園なんて、大人になってから殆ど立ち寄っていなかったので気づかなかった。

なんだこのてんとう虫。これも遊具・・・なのか?だろうな、きっと。単なるオブジェとか慰霊碑ではあるまい。

後ろのゾウはまだわかる。でもてんとう虫には驚いた。どうするんだこれ。

でも、1歳児くらいの弊息子タケにとっては、このサイズ感はちょうど良いようだった。適当にペタペタ触り、のしかかり、なんとなく遊んでいる・・・っぽかった。なるほど、四足動物だと身長が高くなってしまい、自分ひとりではよじ登れない。でもてんとう虫なら自分でも頑張れば登れる。

だとするとむしろ不思議なのは後ろのゾウのほうだ。あのゾウ、どう遊ぶんだ?親に抱っこされて背中に乗ったとしても、すぐに飽きるだろ。だってやることないもん。バランスを崩したら転落して怪我間違いない高さだし。

散歩中のおじさんが、ここで背中をぐーっとそらしてストレッチするためのもの・・・なわけはないよな。

それにしてもシュールな絵面だ。これだから公園は面白い。

(2022.04.01)

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください