大本営発表敗北宣言

季節は過ぎ去り、窓の外では桜の花が咲いている。

入学する人、卒業する人、全てに始まりがあり、終わりもある。
人間は昆虫のように脱皮はしないけど、春になれば新しいステップへと高飛びできる。そんな季節が、春。

・・・んなわけねーだろっ。

おかでん、完全に日和見主義と化してしまったのである。新しいステップに飛ぼうにも、老衰のため踏切台のところでよたよたしているだけなんである。ダイエットを始めてから、はや1年と3カ月。ダイエット日記連載開始から丸14カ月。連載開始時のやる気はどこへやら、今では「ダイエット!?日記」の「!?」ばかりがクローズアップされる「おかでんの食日記」になってしまった。ここ最近、食べている食事を見てみたまえ。どう考えたって、ダイエットやっている食事じゃあない。単なる独身男性Aさん(仮名、東京都在住)の食生活ではないか。これだったら、まだ「週間新潮」に連載されている芸能人の一週間の食生活日記の方が面白い。何が悲しゅうてどこの馬の骨ともわからん若造の貧相な食事を追い続けなくちゃいかんのやら。

って自虐的なせりふをいくら並べても気が済まないくらい、自分自身の今の境遇は大いに不満なんである。そもそも、インターネット上で食生活を赤裸々にバラすという行為は、その緊張感をもって痩せていこうという意志があるからに他ならない。別に、自分の日記を他人様にお見せして「どうだ、俺って文才あるだろう」と百万光年の勘違いをしているわけじゃないのだ。その「緊迫感」が1年以上も続いた連載で徐々に薄れ、「少々食べ過ぎてみっともない姿をさらしてもええわぁ」って気分になってしまったのだ。花も恥じらう乙女だったのが、徐々にストリッパーとして「他人に見られる快感」を開花させていくようなもんだな。これでは、「ダイエット!?日記」の意味がない。いや、逆に「ここでちょっと多めに食べちゃった方が日記的にはネタとして面白いな」というやらしーぃ根性が出てきたりなんかして、ネタ切れ気味だった「ダイエット!?日記」のために食事を増やしてしまう、という本末転倒な事件まで勃発してしまった。

そんなおかげで、体重は80キロから81キロあたりで停滞。びくともしなくなってしまった。・・・いや、正直に言おう。日記連載最後のあたりになると、体重申告にうそが含まれるようになっている。82キロとか81.8キロとかいった値をマークしている時もあったのだが、正直に日記に書くのが恥ずかしかったのである。うそを書くようになってしまっては、もう完全に日記連載の意味がない。

ということで、おかでんのダイエットは「ノルマ達成できず」という敗北宣言を出し、中止することにした。このデスマッチは失敗じゃぁぁぁぁぁぁ。

スタート時点、104キロ。最高減量時、77.8キロ。ダイエット断念時点81.2キロ・・・

26.2キロの減量に、一時期だけながら成功。しかし、目標であった「75キロ」には及ばず。また、178センチ身長の人間における標準体重「70キロ」にはほど遠かった。ダイエットはこれだから難しい。

こうなったらしょうがない、ダイエット!?日記連載終了記念ということで今度は食い道楽な日記でも連載してやろうかしらん、なんて不埒なことを画策中。「人は最短何日で10キロ体重を増やすことが可能か?」なんてテーマに取り組んでみたりなんかして。

ということで、このサイトも近日中に閉鎖します。長い間ご静聴?ありがとうございました。

さて・・・次は、geocities.co.jpでもHeartLandからグルメ情報中心の街「EpicureanTable」に移住すっかな。わはは。またどこかであおう!

1999年4月吉日 これを書き終わったらビールを飲もう、と準備中の おかでん 筆




ソーシャルリンク

広告