そのままの牛乳

そのままの牛乳

最近、ネットを賑わせている、スーパー「ライフ」のPB商品「そのままの牛乳」を買ってみた。

900mlで、お値段299円(税別)。

スーパーで売る牛乳としてはかなり高い。牧場や観光地で売っている牛乳と比べればまだ安いけれど。

瓶に入っているから高いというのもあるけど、ノンホモライズドで低温殺菌だから高くて当然だ。

「ほっとくと幕が張るほど濃厚」というのが売りらしい。

普段、1リットル158円の牛乳を飲んでいる自分からしたら、今更少々良い牛乳を飲んだって、どれもがうまいに決まっている。だから、299円なんていう倍額に近いものをわざわざ飲まなくっても・・・と思いつつ、買ってみた。

しかも、「すっげーうまかったときに、『しまった、もっと確保しておけばよかった』とならないように2本」も買った。消費期限が非常に短い商品なのに。

で、ワクワクしながら飲んでみた。

ああ、なるほど。もぐもぐ。

思わず、口をムグムグと動かしてしまうような濃さ。そうだ、牧場で飲んだ牛乳だ。

母親から

「牧場の牛乳は噛んで飲みなさい、そうしないとおなかを壊すわよ」

と言われながら飲んだ、あれだ。

ねっとりとしているわけではないので飲みやすいんだけど、さらりと濃厚。矛盾した表現だけど、そんな感じ。これまで飲んできた牛乳がいかに素っ気なかったか、と過去に思いを馳せてしまう。そんな牛乳。

いや、さすがにこの牛乳を常用しようとは思わない。それはよくない。貴族の生活を平民がするべきじゃない。とはいえ、たまに飲むとほっこりしていい。頑張った日のご褒美として、こういうのを買って帰るのもいいと思う。超高級牛乳ではないわけだし、これくらいの贅沢はたまには許されるだろう。

(2017.04.09)

ソーシャルリンク